声優

『林原めぐみのハートフルステーション』1000回公録へ行ってきました

『林原めぐみのHeartful Station』1000回突破記念公開録音。
900回に続き、今回も運良く当たりましたので参加してきました。
前回と同じ新神戸オリエンタル劇場へ、物販の始まる頃合いを見計らって到着。

20101121_75

1000回突破を記念したCDと購入特典のステッカー。
それにしてもこのステッカー、本物の1000円札と同じ大きさなんですね。
整理番号の順に受付が始まって、入場できたのは15時半。
会場内ではハートフルステーションの一回目の放送テープが流されていました。
そして16時に公録スタート。
いつものテーマ曲に合わせてお二方の登場で、一気に会場が盛り上がります。
1000回突破に合わせたお便りや「めぐっちとほしっちの大丈夫」「お月様にホエホエ~」「お鍋の中身」とコーナーは進み、SEGAの竹崎さんを加えてサイコロトークと続きトーク部分の公録は無事終了。
次は1000回突破公録のお祝いメッセージ。
大月さん、ダニエルくん、歴代スタッフと続き、日高のり子さんのメッセージが流れ、終わるかと思いきや当の日高さんがステージに登場。
林原さんに内緒で出演する為に、当日は15時半まではホテルに籠っていたと日高のり子さん。
サプライズゲストも大変ですね。
日高さんが仕切ってトークのコーナー。
流石のめぐさんが押され気味なのが何とも。
そして最後はライブパートです。
サイリウムが揺れる会場で、めぐさん、ほっしーが熱唱します。
途中で更にゲストとして、たかはしごうさん登場し、めぐさんとデュエット。
流石に1000回は予想外のゲストが登場し、実に盛り上げてくれます。
たかはしさん、めぐっちとほしっちの曲を作りますとコメント。
イベントならではの、こうした予想外のトークって良いですね。
アンコールでは定番の『虹色のスニーカー』をめぐさん、ほっしー、竹崎さん、のり子さん、ごうさん、そして会場の全員で歌いました。

ライブパートの曲を記しておきます。
・Starting again (保志総一郎)
・Shining Tears (保志総一郎)
・Tuning Love (林原めぐみ・保志総一郎)
・Heartful Station (林原めぐみ・保志総一郎)
・負けないで、負けないで…(林原めぐみ)
・雨の子犬 (林原めぐみ)
・青い月の下で (林原めぐみ・たかはしごう)
・集結の運命 (林原めぐみ)
・JUST BEGUN (林原めぐみ)
・Give a reason (林原めぐみ)
・虹色のスニーカー(林原めぐみ・保志総一郎・竹崎さん・日高のり子・たかはしごう)

終わってみれば、19時半になろうかという時刻。
本当に充実した時間っていうのは短く感じるものですね。
という感じで公録イベントは無事終了。
参加された方、関係者の方、御苦労さまでした。

Ca3a00511

Ca3a00551

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『林原めぐみのHS』900回公録へ

『林原めぐみのHeartful Station』900回突破記念公開録音に新神戸オリエンタル劇場へと今日行ってきました。
公録の当選は今回で5回目と、毎回これが最後かもと思いながらも運の良さを感謝です。
物販が13時から始まるという事なので、正午過ぎに行ってみれば既に行列が。
「900回公録記念タンブラー」と「Plenty of grit Tシャツ」を無事購入。

P10008971

P10008991

14時から当選葉書と交換にチケットと交換して、15時からの入場と相成りました。
スタッフが手際良くて、今まで参加したHS公録の中でも最良の誘導といった感じでした。
座席は1階の最後列より2つ前でしたけれど、劇場のキャパが少ない所為か結構舞台が良く見える距離でした。
公録の様子は十分に満足の出来るものでした。
この様子がラジオで全部伝わらないのが本当に残念です。
で、公録の後はライブパート。
滅多に聞けない林原めぐみさんのライブです。
本当にありがたいですね。
先ずは保志さんの、「Starting again」「Shining Tears」と2曲。
そして林原めぐみさんは「負けないで、負けないで…」でスタート。
「Plenty of grit」「Front breaking」の新作スレイヤーズのOP2連。
「4月の雪」「www.co.jp」バラードver.と静かな曲で一旦終了。
お約束のアンコールは「REVOLUTION」「集結の園へ」。
そして最後は番組のメインテーマ「虹色のスニーカー」を会場中で歌って終了となりました。
今回も実に盛り上がって愉しませて頂きました。
次の1000回公録があり行けるとすれば良いのでが、そんなに幸運が続くはずも無いと自分を戒めましょう。

Ca3a000511

| | コメント (0) | トラックバック (0)