« 2016年10月 | トップページ | 2017年4月 »

2016年11月

BD『ハイスクール・フリート』第6巻の事

『ハイスクール・フリート』のBD第6巻。
いよいよ最終巻となりました。
最終巻ですから当然購入となりました。

Imgp0432

最終巻のジャケ絵はキャラデザ中村直人氏描き下ろしで、明乃艦長と今までジャケ絵に描かれなかったキャラの登場です。
これまでのジャケ絵が「晴風」と絡めて描かれていたので、少しばかり雰囲気が変わりますね。

Imgp0433

中味はこれまで同様で、DVDサイズのアマレーケースと鈴木貴昭監修特製のブックレットが同梱となっています。
そして、ブックレットに挟み込み形でランダムで6種類のSDキャラシールの特典が付いています。
まあ、キャラシールのコンプは普通に買っている限り難しいでしょうね。

Imgp0434

アマレーケースには本編ディスクと特典CDが収められています。
特典CDには若狭 麗緒(CV.清水彩香)、和住 媛萌(CV.新田ひより)のキャラソンが収録となっています。

で、本編ディスクの事。
収録されているのは、第11話「大鑑巨砲でピンチ!」と第12話「ラストバトルでピンチ!」の2本です。

第11話は本土に接近する「武蔵」とブルーマーメイド艦隊との戦いが見所です。
圧倒的な火力の「武蔵」と艦隊行動を巧みに行うブルマー艦隊。
命中弾が少ないというか、滅多に当たらないと云うのはお約束としても、射程の圧倒的に違う「武蔵」に近づくのって怖いでしょうね。
それにしても、魚雷を何本も食らっていても悠然としている所が「武蔵」ですね。

第12話は「晴風」の「武蔵」に対する攻撃から始まる最終回らしい展開。
改装後の新しい装備を持ってどうやって「武蔵」に挑んでいくかが楽しいですね。
雷撃戦をしたくてウズウズしている芽依ちゃんが何とも可愛らしいです。
そして、ピンチで駆けつける味方の艦隊が良いです。
もうお約束の流れとは云え、こういうのが観たいんです。
ラストでは、無事に乗員を港に送り届けた「晴風」が沈んでいくシーンも定番的な流れですけど、それもまた良いですね。
でも、きっと引き上げて修理されると期待していますから。

音声特典で収録されているのはオーディオコメンタリー。
第11話は監督の信田ユウさん、音響監督の森下広人さん、宣伝Pの木村崇さん、鶴岡聡さん、鈴木貴昭さん。
第12話のコメンタリーは夏川椎菜さん、Lynnさん、鶴岡聡さん、鈴木貴昭さん。
今回も色々な内容のお話が興味深い内容のコメンタリーとなっていました。
個人的にはミリタリ系のお話が原案の鈴木さんから聞きたかったですね。

映像特典は、最終話のWEB予告が収録となっています。
今までの映像特典が賑やかだっただけに、最終巻は少寂しい内容です。

といった感じの『ハイスクールフリート』のBD第6巻。
女子高生と軍艦の取り合わせと云うアニメ作品。
兎に角、軍艦のディティールが細かく描かれているのが個人的に満足です。
この後、2017年にはOVAがあるという事なので、またどんなストーリーで楽しませてくれるか期待ですね。

Imgp0435_2

最終巻まで揃いましたので、第1巻に付いていた収納BOXに並べてみます。
一般的なBDに比べてやや大きめなので、持った時にずっしりとした重量感がありますね。
やはりBOXに並べるのは良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BD『三者三葉』第6巻の事

『三者三葉』のBD最終巻の第6巻がリリースとなりました。
予定通りの購入です。

Imgp0428

第6巻目のスリーブのジャケ絵はメイン3人のキャラ絵です。
クローバーの葉っぱに引っ掛けてのキャラの配置ですね。

Imgp0430

こちらはデジパックケースの方のジャケ絵です。
女性陣のキャラ集合的なジャケ絵になっています。
薗部さんもさりげなく描かれてます。

Imgp0429

デジパックには本編ディスクが収納となっています。

で、本編ディスクの事。
収録されているのは第11話「チョコを食べまくる日」、第12話「もうパンの耳は卒業しますわ」の2本。

第11話はタイトルからも察せられる様にバレンタイン絡みのお話。
いつも食べまくっている双葉嬢ですけれど、この話数でも画面のあちこちで元気に食べまくっています。
食パン一斤なんてあっという間に間食するのが何とも……。
そして猫バカ二人のやり取りも微笑ましいというか、滑稽と云うか。

第12話はいきなり夢で始まるお話。
オチが主観でないキャラの夢と云うのがチョットした引っ掛けなのが面白いですね。
いつものキャラとは違う性格のキャラ登場が楽しいです。
また、音痴キャラが歌を披露するのが何とも昭和レトロな土管のある空き地と云うのが何とも。
今どきこの手の空き地が深夜アニメで見られるとは……。
しかし現実では土管の置いてある空き地ってないでしょうね。
ラストは如何にも最終回らしくバタバタした流れですけど、それも日常系の作品らしいですね。

映像特典はボイス付き原作4コマ集、ニコ生蔵出し映像が収録となっていました。

といった感じの『三者三葉』のBD第6巻。
キャラが結構動いていたクオリティの高い作画を最終回まで楽しめたアニメ作品でした。
制作の動画工房さんのお仕事に感謝です。
個人的には2期も期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2017年4月 »