« BD『三者三葉』第4巻の事 | トップページ | BD『三者三葉』第5巻の事 »

BD『ハイスクール・フリート』第4巻の事

『ハイスクールフリート』のBDも第4巻目がリリースで後半戦になりました。
ミリタリ好きとしては購入継続ですね。

Imgp0123

第4巻目のジャケ絵は、キャラデザの中村直人氏描き下ろしで、機関科のメンバー達が登場となっています。
どことなくシリアスな雰囲気の機関長ですね。

Imgp0124

中にはDVDサイズのアマレーケースと鈴木貴昭監修特製のブックレットが入っています。
ブックレットには機関科のキャラ紹介と声優さんのコメント、そして各種設定等が載っていました。
またブックレットに挟み込み形でランダムで6種類のSDキャラシールが付いていました。
結構ダブってきたキャラシールも有りそう。

Imgp0125

アマレーケースには本編ディスクと特典CDが収められています。
特典CDには武田美千留(CV.菊池 瞳)のキャラソンが収録となっています。
第2巻の映像特典のクイズ大会で決まったキャラソンですね。

で、本編ディスクの事。
収録されているのは、第7話「嵐でピンチ!」と第8話「比叡でピンチ!」の2本。

第7話はシャワーの停止に始まる給水設備の故障でコミカルなお話かと思いきや、後半では海難救助と急展開なお話。
ブルーマーメイドって本来こういった対応を求められるだけに、それを目指す彼女たちにもそれなりの技量が備わっているところが凄いです。
戦闘シーンとは違った描写も良い感じですね。

そして第8話は、戦艦比叡との追跡からの足止め戦闘が面白いです。
正面から戦ったのでは敵いっこない相手にどうやって立ち向かうのか。
シッカリと砲雷戦をしながら、相手を晴風のペースに巻き込んでいく展開が何とも良いですね。
その一方で、謎のウイルスの正体が明らかになりました。

音声特典で収録されているのはオーディオコメンタリー。
第7話のコメンタリーはキャラクターデザインの中村直人さん、総作画監督の奥田陽介さん、鶴岡聡さん、鈴木貴昭さん、そして第8話は軍事考証の小高正稔さん、中村桜さん、鶴岡聡さん、鈴木貴昭さん。
第8話はミリタリ寄りのコメンタリーと云う事で、中村桜さんが呼ばれている所が何とも良いですね。

映像特典は、WEB予告(第8話、第9話)とキャスト出演クイズ番組。
今回のクイズ番組は機関科のメンバーが登場。
愛すべきおバカなメンバーといったキャラクターを演じる声優さんですけれど、クイズの方の真面目な問題に戸惑う様子は笑わせてくれます。
ちなみに、機関科は他の部署よりも多い所為かメンバーのうち応急員の二人は出ていませんでした。
次の第5巻に出てくるのではと予想。

といった感じの、BD『ハイスクール・フリート』第4巻。
ミリタリ要素を嵌め込みながら、楽しい展開のお話も後半戦に入りました。
キャラも個性的な面々が元気に活動している様が楽しい作品ですね。

|

« BD『三者三葉』第4巻の事 | トップページ | BD『三者三葉』第5巻の事 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5128/64265735

この記事へのトラックバック一覧です: BD『ハイスクール・フリート』第4巻の事:

« BD『三者三葉』第4巻の事 | トップページ | BD『三者三葉』第5巻の事 »