« BD『三者三葉』第3巻の事 | トップページ | BD『三者三葉』第4巻の事 »

BD『ハイスクール・フリート』第3巻の事

『ハイスクール・フリート』のBD第3巻を購入しました。
全6巻ですから漸く半分です。

Imgp0117

第3巻目のジャケ絵は、キャラデザの中村直人氏描き下ろしで、今巻は航海科のメンバー達のイラストです。
マストに登っての様子が楽しい印象ですね。
見張所が下に見えますから、これって一番上まで登ってるんでしょう。
確かに怖そうな場所です。
それにしても、海原を背景にした綺麗なイラストですね。

Imgp0118

中に入っているのはDVDサイズのアマレーケースと鈴木貴昭監修特製のブックレットです。
ブックレットには航海科のキャラ紹介と声優さんのコメント、各種設定等が載っています。
またブックレットに挟み込み形でランダムで6種類のSDキャラシールが付いていました。

Imgp0119

アマレーケースには本編ディスクと特典CDが収められています。
特典CDには立石志摩(CV:古木のぞみ)のキャラソンが収録となっています。
BD第1巻の映像特典の艦橋組のクイズ大会で決まったキャラソンという事ですね。

で、本編ディスクの事。
収録されているのは、第5話「武蔵でピンチ!」と第6話「機雷でピンチ!」の2本です。

第5話は、女子高生が水着で休息を楽しんでいる裏で、武蔵と東舞高の教員艦との戦いが繰り広げられている展開。
圧倒的な火力を持つ武蔵が凄いですね。
その武蔵に対して、教員艦が放った噴進魚雷。
何か魚雷って、晴風の様に水平に打ち出すイメージがあるだけに、勉強になりました。
また、晴風の射撃指揮所での描写もあって、ミリタリ好き的には面白かったです。
それにしても、あの戦闘の最中に単身武蔵に接近すっる危険に突っ走る明乃って、ある意味凄い神経の持ち主ですね。

第6話は、機雷に警戒しながら進む晴風でのエピソード。
掃海作業ってこういったイメージですと云うのが、よく判ります。
東舞高の潜水艦との戦闘で使った掃海具ですけれど、本来はこういた使い方をするんですよね。
そして、謎のネズミの正体が解明されていきますけど、いきなり人体実験する鏑木さんが怖いです。
それにしても、戦闘パートと女子高生パートの寒暖差が面白いですね。

音声特典はオーディオコメンタリーが収録されています。
第5話のコメンタリーはLynnさん、久保ユリカさん、鶴岡聡さん、鈴木貴昭さん、そして第6話は阿澄佳奈さん、麻倉モモさん、鶴岡聡さん、鈴木貴昭さん。
今回もミリネタから収録エピソードとか、なかなかに楽しいコメンタリーとなっていました。

映像特典は、WEB予告(第6話、第7話)とキャスト出演クイズ番組。
キャスト出演クイズ番組は航海科のメンバーがキャラソンを掛けての内容となっています。
今回は小林ゆうさんがメンバーとしているだけに、今までのクイズ番組とは違う盛り上がり方が凄い。
ゆうさんの落語好きが回答に出てくるなんて……。
MCの鶴岡さんも大変です。

といった感じの、BD『ハイスクール・フリート』第3巻。
軍艦を女子高生が操るという部分を、面白く描くという点で楽しい作品ですね。
いよいよ、物語も後半に入ります。
次の巻も楽しみに待ちましょう。

|

« BD『三者三葉』第3巻の事 | トップページ | BD『三者三葉』第4巻の事 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5128/64100282

この記事へのトラックバック一覧です: BD『ハイスクール・フリート』第3巻の事:

« BD『三者三葉』第3巻の事 | トップページ | BD『三者三葉』第4巻の事 »