« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

BD『ハイスクール・フリート』第2巻の事

『ハイスクール・フリート』のBD第2巻がリリースされましたので購入しました。
第1巻で全巻収納BOXが付いていましたので、やはり継続購入は自然な流れです(^-^;

Imgp0107

第2巻の身蓋式BOXのジャケ絵は、キャラデザの中村直人氏描き下ろしの砲雷科メンバーの集合イラストです。
各キャラクターは勿論ですけれど、背景の晴風が実に良い感じですね。
「ガールズ&パンツァー」での戦車との組み合わせも面白いですけれど、軍艦との組み合わせも良いですね。

Imgp0108

中身はDVDサイズのアマレーケースと鈴木貴昭監修特製のブックレットです。
ブックレットは砲雷科のキャラ紹介と声優さんのコメント、各種設定等が載っていて、本編中では知る事の無い部分が興味深いです。
また専門用語の解説も記載されて、これもまた実に参考になります。
100Pの内容は充実していました。
またブックレットに挟み込み形でランダムで6種類のSDキャラシールが付いていました。
早速ダブりが出始めた様な。

Imgp0109

アマレーケースには本編ディスクと特典CDが収められています。
特典CDにはサウンドトラックVol.2が収録となっていました。
サントラは終盤で流れる重々しい楽曲等が収録となっていました。

で、本編ディスクの事。
収録されているのは、第3話「パジャマでピンチ!」と第4話「乙女のピンチ!」の2本。

第3話は潜水艦「伊201」との戦闘シーンが描かれます。
劇中では説明がないのですけれど、ブックレットの解説では夜光虫で光っている海上で戦っているとの事。
確かに真っ暗の海でどうやって魚雷を見つけたのか少しばかり不思議だったんですよね。
まあ尺的な問題で端折ったのかな。
そしてドイツ娘のミーナの助言での掃海具を上手く使って潜水艦戦が良いです。

第4話はトイレットペーパーを切らしたというコミカルな展開が何とも切実。
思いもよらぬ長期航海ならではの問題ですね。
食料とか飲料水と違って、こればっかりはね。
更に、「ショッピングモール四国沖店」にも笑わせて貰いました。
「ガルパン」のコンビニ船も凄いですけれど、海上に「ショッピングモール」って!!!
そして、問題の怪しげなネスミ登場。
それにしても、こんな危ないモノが漂流している事自体がかなり危なくないですかね。
今回感染した立石志摩ちゃんが発砲した機関砲が模擬弾であったと、コメンタリーで明らかにされましたので、劇中での穏便な処分の理由に納得です。

音声特典はオーディオコメンタリーが収録されています。
第3話は小林ゆうさん、五十嵐裕美さん、鶴岡聡さん、鈴木貴昭さん、そして第4話は種崎敦美さん、古木のぞみさん、鶴岡聡さん、鈴木貴昭さん。
劇中では口数の少ない古木のぞみさん、コメンタリーでは元気にしゃべっているのが何とも……。
今回も興味深い内容のコメンタリーでした。

映像特典は、WEB予告(第4話、第5話)とキャスト出演クイズ番組。
今回のキャスト出演クイズ番組は砲雷科のメンバーがキャラソンを掛けての内容となっています。
その中で触れられていたのですけれど、晴風に搭載されている魚雷。
今の値段にすると4000万から1億円って!!!
とんでもない値段のモノを晴風の生徒は扱ってたんですね。

といった感じの、BD『ハイスクール・フリート』第2巻。
お話的には少しずつ謎の存在が出てきますけれど、基本的には未だ緩い雰囲気が楽しいですね。
女の子と軍艦の組み合わせが実に面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BD『三者三葉』第2巻の事

『三者三葉』のBD第1巻から2週間で第2巻が発売となりました。
なんか間隔的には早い気がしないでもないのですけれど購入しました。
まあ第3巻からはひと月間隔になるので、第1巻の発売が遅かっただけなんでしょうね。

Imgp0106

第2巻目のスリーブジャケ絵はキャラデザの山崎淳描き下ろしの腹黒委員長な葉山照さんです。

Imgp0104

デジパックケースの方のジャケ絵です。

Imgp0101

デジパックには本編ディスクが収納されています。
同梱特典ナシの至ってシンプルな構成。
第1巻が充実していただけに、少し寂しい印象……。

で、本編ディスクの事。
収録されているのは第3話「メイドの味がした」、第4話「むしろ生きがいです」の2本。

第3話はアルバイトを巡るお話で、新たに登場するのが西川家の元メイドの薗部さん。
これがなかなかの曲者と云うか、正体不明の人物なのが……。
まあメリーポピンズの様に傘で飛んでくるシーンからして凄い登場なんですけれどね。
それにしても女子高生の格好に何の違和感のない方が問題かも。

第4話は冒頭から3人の子供時代が語られたり、葉子様の自称許嫁や双葉の従妹が登場したりと賑やかなエピソード。
それにしても最後の方で双葉が料理の出来る女子だったというオチの方が何とも。
そして皆で楽しく食事をする良い話系の終わり方が好きです。
ちなみにTV放送時に気になっていた、テーブルの上の肉料理が双葉の分だけ無かったカットはBDではシッカリと修正されていました。

映像特典はOVA未放映エピソード(2)「高級和牛の試食会」、ボイス付き原作4コマ集、ニコ生蔵出し映像が収録となっています。
尺は短いですけれどOVAは楽しい内です。
音声特典はありませんけれど、最終巻までにコメンタリーの類が欲しいですね。

といった感じのBD『三者三葉』の第2巻。
第1巻に引き続き相変わらず楽しい内容に気楽に2話分サラッと観終ってしまいました。
作画もクオリティがシッカリしていて何度も見返したくなる内容の『三者三葉』です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »