2017.07.15

海上自衛隊 阪神基地隊サマーフェスタ2017に行きました

海上自衛隊の阪神基地隊にてサマーフェスタ2017が開催されましたので出かけて来ました。
先月にマリンフェスタが行われ、今日はサマーフェスタと相次いでイベントが行われるのはありがたい事です。
今回も摂津本山駅近くからシャトルバスが運行されていましたし、市バスの臨時便も運行されていました。
開場の一時間少し前に着きましたけれど、既に100人以上の列。
日が差す暑い状況を配慮してくださったのか、30分前の9時半から入場が始まりました。
本当ありがたい事です。

Imgp0791

今回一般に公開されていたのは、潜水艦救難艦「ちはや」です。
阪神基地に入って直ぐに見えてきた程の大きさだけに、近くから見ると一層大きく感じます。
艦橋内部を見学するために、何度も梯子を上らなければならない程、背の高い艦でした。

Imgp0843

深海救難艇です。
これを水中に沈めて潜水艦のハッチに直接に接続できるそうです。
潜航する時は、救難艇を固定しているゲージがここから真下に下りていくとの事でした。

Imgp0861

艦尾側のヘリポート甲板です。

Imgp0866

と云う事で見学を終えて、岸壁から見上げて撮ってみました。

Imgp0870

さらに後方から。
やはり大きな艦ですね。

Imgp0875

そして、練習潜水艦「みちしお」です。
一般の見学は上甲板のみという事ですが、結構な列が既に出来ていました。

Imgp0880

並んでいる間にじっくりと潜水艦を観ておきましょう。

Imgp0892

独特の雰囲気が潜水艦にはありますね。

Imgp0898

上甲板を見学。
途中で内部を見学する人の為に開いていたハッチを覗きこめましたけれど、結構深い印象です。

Imgp0860

潜水艦救難艦「ちとせ」から撮った練習潜水艦「みちしお」です。

Imgp0909

阪神基地隊の建物から撮った潜水艦救難艦「ちとせ」です。
岸壁からでは全部写せませんので。

サマーフェスタでは陸上自衛隊、航空自衛隊の装備品の展示も行われています。

Imgp0770

空自の装備品の発射機(LS:Launching Station)です。

Imgp0772

偵察用オートバイです。

Imgp0776

87式偵察警戒車です。
砲塔があると何とも格好が良いですね。

Imgp0775

高機動車です。

Imgp0778

軽装甲機動車です。

Imgp0787

93式近距離地対空誘導弾です。

日差しの厳しい中、1時間半ばかり見学をしてサマーフェスタを後にしました。
人は多かったですけれど、満足の出来るイベント内容でした。
特に今回は潜水艦救難艦を見学できたのは大きな収穫でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.04

海上自衛隊 阪神基地隊マリンフェスタ2017に行きました

今日は海上自衛隊の阪神基地隊にてマリンフェスタ2017が開催されましたので出かけて来ました。
摂津本山駅近くからシャトルバスが用意されていますけれど、市バスも臨時便を走らせていました。
10時少し前に到着しましたけれど、既に大勢の人が列をなしていました。

Imgp0668

練習艦「やまゆき」です。
立ち入れる場所の都合で船首全部が撮れないのは残念。

Imgp0592

艦首にある76mm速射砲。

Imgp0597

アスロックランチャー8連装です。

Imgp0700

潜水艦「なるしお」です。
一般の見学は甲板を通るだけですけれど、事前抽選に当たった人は内部を見学できるそうです。

Imgp0628

近くで見ると迫力を感じますね。

Imgp0657

掃海艇「えのしま」です。
こちらの方も見学の方で長い列ができていました。

そして陸上自衛隊の車両の展示も行われていました。、

Imgp0640

82式指揮通信車です。
車両の上で写真を撮ってもらおうと、多くの人が並んでいました。

Imgp0645

軽装甲機動車です。
小さな車体ですけれど、迫力のある雰囲気がいいですね。

ざっと2時間ばかり色々と見て回りました。
多くの人で思ったように回れない部分はありましたけれど、十分に楽しいイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.17

阪神淡路大震災から22年

阪神淡路大震災から22年が経ちました。

P1040218

P1040216

今年も「1.17のつどい」を訪れました。
毎年訪れるこの集いですけれど、今年はいつもよりも人が少ない様に感じてしまうのは、やはり22年もの歳月が流れた所為かもしれません。

昨年は熊本の地震だけでなく、鳥取の地震や、年末の糸魚川市の火災等が起こり、震災の記憶を思い起こさせられた年であった。

神戸では、震災後の新しい住人が4割を超えたという事で、震災の記憶をどう受け継ぐかといった報道をよく目にする様になりました。
またその一方で、近い将来に発生が予測される東南海地震。
記憶の継承と将来の防災が殊更に大事な時期なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.11

海上自衛隊 阪神基地隊ウィンターフェスタ2016に行ってきました

今日は海上自衛隊の阪神基地隊にてウィンターフェスタ2016が開催されるとの事。
摂津本山駅近くから出ているシャトルバスを今回は利用して午後から出かけました。
午後1時過ぎでしたけれど結構な数の人出です。

Imgp0497

護衛艦「あぶくま」です。
時刻的に丁度良い感じの光加減で撮れました。

Imgp0457

潜水艦「いそしお」です。

Imgp0461

艦尾の方からも撮ってみます。
護衛艦とは違う存在感ですね。

Imgp0492

掃海艇「なおしま」です。
ここ阪神基地隊に配備されている掃海艇です。
これも護衛艦とは違って良い感じの船ですね。

今回は、陸上自衛隊の車両の展示も行われていました。

Imgp0520

82式指揮通信車です。

Imgp0530

軽装甲機動車です。

Imgp0521

1/2tトラックです。

Imgp0513

Imgp0524

Imgp0527

81式短距離地対空誘導弾です。
ミサイルの発射装置を積んでいるだけに、結構な大きさです。

海自の艦艇や陸自の車両が一度に観られるイベントは得した感じで良いですね。
サマーフェスタと違ってこの時期のイベントは暑くない分じっくりと観ていられるのが嬉しいです。
次も公開も期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.26

三式戦闘機『飛燕』の実機展示に行ってきました

三式戦闘機『飛燕』の実機展示が、神戸ポートターミナルで行われているとうい事で出かけてみました。
川崎重工の記念行事と云う事で開催されたとの事です。

Imgp0143

ポートターミナルの大ホールに入ると、いきなり目に飛び込んでくる三式戦闘機『飛燕』。
その存在感が凄いといった印象です。
飛行機を近くでじっくり見る事が無かっただけに尚更です。

Imgp0145

少し前側から撮ってみました。
零戦とは違ったシルエットが面白いですね。

Imgp0157

ハ140発動機です。

Imgp0175

階段を上がって上から見てみました。

Imgp0182

別の方向から。
上から見ると、バイクと比較してその大きさが良くわかりますね。

Imgp0171

コックピット周辺をアップで。

Imgp0191

主脚です。
模型好きなのでどうしても細かなディティールが気になって……。

Imgp0168

尾翼は復元された部分との差が良く解りますね。
解説書きを読むと、実機に忠実な復元に努めたとの事です。

Imgp0152

こちらはコックピット再現コーナーの展示。
座ってみましたが、思ったより正面の視界が意外に狭い。
係りの人の解説によると、実機ではシートが上下するとの事。
それでも、正面の照準器とかを通して見る視野って小さそうな印象です。

といった感じの三式戦闘機『飛燕』の実機展示。
普段滅多に航空機の展示を見る事が無いだけに、こういった催しは嬉しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.11

海上自衛隊 阪神基地隊サマーフェスタ2016(2日目)に行ってきました

今年の海上自衛隊・阪神基地隊サマーフェスタは4日間。
昨日は天気が良くなかったので、2日目に出かける事に。
2日目は護衛艦「うみぎり」と補給艦「ときわ」の一般公開です。
開門時間の30分ほど前に到着。
昨日と打って変わっての好天の下、開門を待ちました。

Imgp9984

入場開始になり、先ずは護衛艦「うみぎり」を見学へ。

Imgp9985

Imgp9987

南側の岸壁に係留になっていて、船首からの写真は残念ながら撮れませんでした。
それでも、岸壁から見上げるその姿は存在感があります。

Imgp9997

艦首にある76mm速射砲。
立ち入り場所的に砲口まで写らないのが残念。

Imgp0003

隣に停泊している護衛艦「とね」も同じ76mm速射砲を搭載していました。

Imgp0005

こちらが砲弾。
尋ねたところ、実弾の重量は12キロ。
これが80発装填されているとの事。
装填作業的には大変ですね。

Imgp9991

アスロック発射装置。

Imgp0024

艦尾の短SAM発射装置です。

Imgp0034

Imgp0030

後部デッキの対潜ヘリSH-60です。
やはり近くで見るヘリは格好良いですね。

Imgp0025

後方から隣に停泊している護衛艦「とね」を撮ってみました。
大きさは「うみぎり」の方が大きいです。

Imgp0022

「うみぎり」の艦尾から次に見学する補給艦「ときわ」を撮ってみます。
大きいというのが兎に角第一印象です。

Imgp0041

Imgp0042

護衛艦「うみぎり」と違って兎に角見上げる様な高さです。

Imgp0043

タラップの角度が結構な急角度といった印象。

Imgp0046

Imgp0049

Imgp0055

甲板の上には補給艦に必要な設備がぎっしりといった印象です。

Imgp0058

良くTVなんかで見る洋上での給油活動で使われるホース。
その後、ラッタルを何度も登って艦橋へ。

Imgp0072

更に艦橋の上に登って見下ろす景色は高い所からだけあっていい眺めです。
自衛官の方に聞くと艦橋の高さはマンションの5階位の高さがあるそうで、これは護衛艦「ひゅうが」「いせ」の甲板よりも高いそうです。

Imgp0076

先ほど見学した護衛艦「うみぎり」も見下ろす様な形です。

Imgp0063

補給艦と云えどやはり自衛の為の火器は装備していました。

Imgp0080

Imgp0082

艦橋から降りて後部デッキを見学。
輸送の為のヘリが使用するのでしょう結構な広さがありました。

Imgp0093_2

艦首方向から撮ってみました。

Imgp0097_2

阪神基地隊の建物から撮ってみます。
大きい艦はこうして離れた所から撮るとその大きさが良く解りますね。

といった感じの海上自衛隊 阪神基地隊サマーフェスタ2016の2日目の艦艇見学。
17日と18日もサマーフェスタが実施されますので、時間があれば出かけてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.06

掃海艦「やえやま」掃海艇「なおしま」の一般公開に行ってきました

海上自衛隊の阪神基地隊で掃海艦「やえやま」、掃海艇「なおしま」の一般公開、そして陸上自衛隊の装備品が展示されるとの事なので今日出かけて来ました。
予定時間の少し前に着きましたけれど既に50人ほどの待機列が出来ていました。

Imgp9860

先ずは掃海艦「やえやま」。
掃海部隊の基地の掃海艇は今まで何度か見学しましたけれど、掃海艦は初めてです。
掃海艇より大型で、掃海器具も多く装備しているところが興味深いです。

Imgp9837

前部甲板の機関砲の後ろ側に、ケーブルのリールが位置しているんですね。

Imgp9855

後方の甲板から撮ってみました。
掃海具で一杯ですね。

Imgp9878

そして、掃海艇「なおしま」。
以前一度見学したので今回が2度目ですけど、やはり近くでじっくりと見る事の出来るのは興味深いです。

Imgp9825

「なおしま」の後方から。
掃海艇は後部に掃海具がギッシリと搭載されています。

今回の一般公開では、陸上自衛隊の車両の展示も行われていました。

Imgp9883

87式偵察警戒車です。
砲塔がある車両は見ていて迫力がありますね。

Imgp9896

こちらは82式指揮通信車。

Imgp9901

後ろ側から撮ってみました。
一昨年、見学した同型車両と違ってドライバー側の前方天井に何やら換気目的かスリットの入った装置が。
色々な部分で改良とかされているんですね。

Imgp9893

そして軽装甲機動車。
先の車両よりは小さいけれど、その存在感は十分な車両です。
分厚そうなガラスやタイヤなんか、普通の乗用車とは比べ物にならない貫禄がある印象です。

といった感じの一般公開。
陸自の展示もあって十分に満足の出来る内容の公開日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.17

阪神淡路大震災から21年

阪神淡路大震災から21年が経ちました。

P1040041

P1040029

P1040034

毎年のように訪れる「阪神淡路大震災1.17のつどい」。
今年は竹灯籠で作られる「1.17」の文字の側に「未来」という文字が加えられていました。
昨年の20年で一区切りという意識があるのでしょうか、今年はこれまでよりも人が少ない印象でした。
追悼行事に携わる関係者の方の高齢化もあって、各地で行われる追悼行事の数は今年は結構減ったとの報道もあります。
残念な事ですけれど、こうした状況は今後ますます進んでいくのでしょう。
震災の記憶をどうしたら伝えていけるのか、経験した者は今一度考えなければならないのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.19

護衛艦「いせ」を神戸港に見に行ってきました

神戸港に護衛艦「いせ」が入港するとの事なので出かけてみました。
「いせ」といえばヘリコプター搭載の大型護衛艦。
以前に同型艦の「ひゅうが」を見学しましたけれど、やはり魅力的な船ですから、機会があるなら観るべきと出かけました。
ポートライナーでポートターミナル駅に近づくと、大きな船体が見えてきました。
さっそくターミナルのバルコニーから撮ってみることに。

Imgp9548

新しく出来たブリッジの所為で艦首から撮れなかっらのが残念。
キッチリと全部撮れれば良かったのですけど。

Imgp9561

艦尾側から撮ってみました。
それにしても存在感のある船ですね。

Imgp9567

甲板上のシーホークSH-60K。

Imgp9573

今度は神戸大橋の歩道から撮ってみました。
こうしてみると甲板の広さ的な部分が特徴な護衛艦ですね。

Imgp9574

ポーアイの北側から。
結構大きな護衛艦ですけど、新しい護衛艦の「いずも」は更に50メートルほど大きいらしいです。

Imgp9591

やや艦首寄りで。
どこから撮っても格好の良い護衛艦といった印象です。

今回は一般公開はありませんでしたけれど、いつか機会があれば見学してみたい護衛艦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.18

海上自衛隊 阪神基地隊サマーフェスタ2015に行ってきました

今日は海上自衛隊の阪神基地隊でサマーフェスタの開催日。
昨日の台風でどうなるかと思いましたけれど、予定通り開催されてひと安心です。
開門時間の40分ほど前に到着しましたけど、既に30人以上の人が並んでいました。
9時になり基地内へと。

Imgp9447

先ずは陸上自衛隊の87式警戒偵察車。
砲塔があると迫力がありますね。

Imgp9457

そして軽装甲機動車。
この車両は初めて見ましたけど、格好良い車両ですね。

Imgp9451

航空自衛隊の航空自衛隊ペトリオットミサイル発射台。
大きさ的にはかなりの迫力があります。

そして海上自衛隊の護衛艦「すずつき」を見学するために列に並びました。

Imgp9474

先ずは後部甲板へ進み、そこに展示してあるSH-60Kを見学。
近くで見ると白い機体が結構黒ずんでます。

Imgp9492

そして前部甲板に移動して62口径5インチ砲を見学。
こうして写真を撮ると、その砲身の長さが一層引き立ちます。

Imgp9491

船首部分を撮ってみました。
この船首の鎖が船っぽくて良いです。

Imgp9509

その後艦橋を見学して下船と云う流れでした。
初めてこのタイプの護衛艦の艦橋を見学しましたけど、大きな艦の割にはコンパクトな印象の艦橋でした。

Imgp9527

下船後、艦首方面から撮ってみました。
立ち入り出来る範囲がもう少しあれば全部撮れたんですけど……。
艦橋からアンテナにかけてのフォルムが現用艦らしくてスマートです。

Imgp9540

そして艦尾側からも撮影。
艦尾側のデッキが特徴的な印象の護衛艦です。

といった感じのサマーフェスタの感想。
短い時間の見学でしたけれど、十分に楽しめる内容でした。
台風の影響で午前中は天気が曇り気味だったせいで、暑さを気にせずにじっくりと見学できました。
まあ午後からは晴れたようなので、見学の人は大変だったかも。
来年のイベントも期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧