2005.11.06

CD『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』コンプリートベスト

前作『ガンダムSEED』でもベスト版がリリースされたが、『DESTINY』でも同様のCDがリリース。
個々の楽曲CDを集める事を考えれば割安になるのだが、シングルで数枚は手元に有している人は結構いるであろうと想像に難くない。
ちなみに自分は3曲分のCDが手元にあるので、ダブりはそれ程ではない。
いずれにせよベスト版は纏めて聞くには都合が良いCDには違いがない。
そういえば前作のベスト版では初回版に収録された曲が版権の関係で再版分には収録されていなかった事があったが、このベスト版では同様の事がないようにして貰いたい。
あと同梱DVDには全てのOPとEDが収録されている。
ED映像は本編にかかる部分は映像なしの黒い画面から始まるので、楽曲がいきなりスタートという事はない。
DVDの映像に関してはクリアで気になるようなノイズは認められない。
ただ残念な事にテロップ付きの映像なので、ノンテロップの映像はDVDシリーズの最終巻に収録されであろう事を予想しつつ待つしかない。
まあ、映像の権利関係からのテロップ付きになったのだろうけれど、本当に商売上手な事である(涙)。

機動戦士ガンダム SEED DESTINY COMPLETE BEST

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.20

林原めぐみ復刻版CD集の事

3月16日に発売された林原めぐみ閣下の復刻版CD11種。
一応全部持ってはいるが、初回版仕様と言う事なので『Half and,Half』を再購入。
それと、映像特典VHSが今回はDVDになったと言う事で『VINTAGE S』『VINTAGE A』も購入。
やはり一番印象が変わったのは『VINTAGE A』『VINTAGE S』の2種類。
以前に発売された時はVHS同梱だった為に結構大きかったが、今回は同じカラーのBOXに収まっているとはいえCDケースサイズなのでコンパクトな印象に変わっている。
まあ5年前よりもDVDが浸透した事での仕様変更なのだろう。
DVDに映像特典を収納してくれたお陰で、VHSテープ程は映像の劣化を心配せずにすむのが有難い。
個人的にも既にVHSデッキを使っていないので、本当に願ったり叶ったりである。
リピート生産と異なる事を示すための復刻版のロゴマークがジャケットやケースに表示されている。
こうした仕様変更の違いを気にして全部集める人もいるのだろうかと、自分の事を棚に上げて考えている(笑)。
まあ、全部をまとめたCD集を発売される事を考えれば単品売りの復刻版の発売は歓迎すべきなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.09

限定版CDの復刻

林原めぐみのCDが初回限定版の仕様で復刻されるとの事を「セがダイレクト」で知った。
個人的にはファーストアルバムの『Half and Half』から全てを初回版で買っているので関係無いかと考えた。
しかしながら、思い返して見ると『Half and Half』を買った当時は声優さんのアルバム自体は今ほど一般的でなかった。
そして紙製ブックケース仕様は他のCDに比べて、若干かさばりCD用のビニールの中に入らない。
そこでCDケースだけを取り出し、ブックケースやブックレットは別に保管。
その後、阪神淡路大震災にあってしまい、処分した荷物の中に紛れてしまったか見つからずであった。
これは是非とも押さえておかねばと思いながら、他の復刻版もチェックすると気になるCDが。
『VINTAGE A』『VINTAGE S』の2枚。
2枚組みプラケース仕様とある。
さらに、特典として『DVD』『ブックレット』同梱と商品の説明が。
確かケースは、初回版でもありふれた1枚用のジェルケースだったはず。
手近に置いてあるので、それは間違いない。
そして、初回限定版には映像特典を収録したVHSテープが付いて来たはず(もっとも一度も見ないで押入れの奥に仕舞い込んだままであるが)。
まあ、映像特典をDVDに収録しての再版仕様となったのであろう。
DVDの普及がリリース当時より一段と進んだ結果であろうが、保存を考えると個人的には大歓迎である。
と言うよりも、既にVHSデッキ自体を使用していない環境なので(^^;。
とりあえず、この2枚も購入計画に組み入れる事になりそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.23

Net MDウォークマンを購入

CCCDと呼称される音楽ディスクが市場で幅をきかせる現在、聞きたい曲がCCCD仕様でリリースされる事はしばしばある。
CCCD仕様のディスクは再生機器に無理な負担をかけ、プレーヤーの寿命に少なからぬ影響を与えるらしいので、その場合は残念ながら購入を見送ってきた。
しかしながら何とかこの膠着状況を打破せねばと考えた結果、Net MDを購入する事にした。
要するにCCCDを手持ちのプレーヤーで再生せずに、楽曲を手に入れればいいのだから。
CCCDでリリースされ、且つ聞きたい楽曲がネットでも配信されていて、それがNet MDで転送出来る事が大きな理由。
レンタルに比べるとやや楽曲のダウンロードの価格はやや割高だが、その辺は仕方ないかも。

で、SONYのMZ-N920を購入。
早速、配信サイトから一曲購入しMDに転送してみたが、思っていたよりも簡単でスムーズに出来た。
圧縮された音声らしいが、勿論オリジナルと聞き比べた訳でないので違いは判らないが、それなりに聞く事の出来る音楽といった感じであった。

取りあえず、現状の鬱屈した状況から幾らか前進出来たといった所である。
願うべくはCCCDが無くなるのが一番の希望なのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.12

岡崎律子さん死去

驚きと云うよりも、ショックである。
新着ココログを見ていたら「トンガリの気ままなBlog」で信じられない記事を読んだ。
林原めぐみさんのアルバムで岡崎さんの提供する曲を聴いて以来、彼女の創るメロディの優しさがとても好きになっていただけに残念である。
以前三ノ宮で新譜リリースのイベントに行った時に気持ちの細やかそうな女性だと印象を受けたが、そういった感じの人だからあんなにも繊細なメロディが創れるのだろうと感じた事が思い出される。
もっと彼女の作り出す素敵な曲に出会いたかった。

心から彼女の冥福を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.01.09

『center color』

林原めぐみの新譜『center color』の事。
約1年半ぶりのアルバムだが、収録内容的にはベストアルバム的な構成になっている。
新録は新曲1曲とリミックスの3曲になっている。
個人的には「パワーパフガールズ」の主題歌で、3人のユニットでリリースされた『Cream Puff Shuffle』がソロで収録されているのが気に入っている。
以前「ハートフルステーション」の500回公録でソロで歌ったのを聞いて以来、いつかCDに収録されるのを心待ちにしていただけにポイントが高い。
『Northern lights』がバージョン違いで2曲続けて収録されていて、メグさんの思い入れが強い事が窺い知れる。
また『KOIBUMI』『負けないで、負けないで…』のPVを収録したDVDが同梱されていて、かなりお得なCDである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)