2006.09.24

DVD『立喰師列伝』(通常版)

押井守監督作品という事で興味はあったが、実写作品言う事で様子見を決込むつもりであったが購入。
押井作品の『うる星やつら』『御先祖様万々歳』などに登場した立喰いのプロのエピソードが印象深かっただけに、この『立喰師列伝』も面白く観る事が出来た。
同じキャラクターという訳ではないが、同じ名前の立喰師達がどういった行動をするのかが漸く判った。
『うる星』の劇中でチェリーによって語られる、立喰いのプロ達の仕事がじっくりと映像で観れるとは。
また『うる星』劇中で「ケツネコロッケのお銀」を演じていた榊原良子さんが、監察医役で登場しているのが何とも。
それにしても、ここ数年間難解な感じの作品が多かった押井作品。
ひさしぶりに馬鹿げた雰囲気全開の押井節を聞かされて妙に良い感じであった。
内容や言いたい事が理解できる訳ではないが、これはこれで押井作品の面白いところ。
また実写作品とは一風違った写真を加工したスーパーライブメーションの映像も実に面白い。
とはいえ、何でもありの押井作品を見てきた人には懐かしい感覚で楽しめるが、『攻殻』以後の押井作品だけを知っている人には些か判り難いかも。

立喰師列伝 通常版

立喰師列伝 通常版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.17

DVD『スター・ウォーズ(劇場公開版)』エピソード4~6

1978年公開の劇場版が収録されているというだけで、DVD『スター・ウォーズ、特別編』エピソード4~6を購入した。
2年前に特別編3部作のDVD‐BOXを購入してはいるが、劇場公開版の為だけの散財である(汗)。
特別編自体も劇場公開版があるが、そちらは未収録で、このDVDの特別編の映像はこれまでと同じ。
お目当ての劇場公開版だが、映像特典扱いの為か収録サイズが4×3のレターボックスとその点が非常に残念。
スクィーズ収録の映像を見てみたかったのだが。
また画質の関しても、あまり良好な印象を感じられなかったのも残念。
まあ映像特典と割り切ってみる分なら気にならないレヴェルではあるのだが。
その劇場公開版だが特別編の映像に比べると、CG映像が少ない分とてもあっさりとした雰囲気が実に良い感じである。
オリジナル版を劇場で観た自分としては、DVDで再度見れるだけでもありがたい事ではある。
日本語吹替えは劇場公開版とビデオ版の2種類が収録されている。
『ジェダイの帰還』は劇場公開版の吹替えは未製作の為に収録されていない。
劇場公開版の音声は2年後の『帝国の逆襲』にあわせて再上映された時に作られたもの。
今回初めてその音声を聞いたが、関連本よると声質重視で選ばれたキャストとの事。
奥田瑛二、森本レオ、森田理恵と俳優陣がメインキャラを占めている。
やはり声優メインのビデオ版に比べて違和感というか、とりあえずの吹替え版的な印象が。
それでも、こういった音声が聞けるのは嬉しい事である。
あと願うとすれば綺麗な映像のオリジナル版を観たいことに尽きるのだが。

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.27

DVD『機動戦士ZガンダムⅢ‐星の鼓動は愛』

3月の劇場公開から早くもDVDリリースである。
本当にDVDになるのが早い現代である。
2作目まではDVD、3作目は劇場で見たが展開が速くてストーリーを追っかけるのもままならかった。
DVDがリリースされたので、ようやくじっくりと見ることが出来た。
とはいえDVDで再度一回見ただけでは、やはり何が何だか。
固有名詞がややこしすぎるのか、期間限定の同盟関係がややこしいのか。
あと何回か見なければストーリー展開が把握できないかも(汗)。
TVシリーズを再度見れば解るかもしれないが、そこまでの気力はありません。
まあ、その辺は置いとくとしても面白く仕上がっている作品ではあるのだが。
やはり劇場作品だけあって、新作の部分は綺麗な作画である。
TV映像との差を無くす為に、わざとノイズをのせているのが惜しまれる。
また解説書にはDVD版では一部新作画と差替えられているとの事。
綺麗な『Zガンダム』を見たかったと思うのは自分だけでないと思うのだが。
あとは登場人物が多すぎるのか、尺が短いのか、シャアの出番が少ないのが何とも。
もっと活躍する事を期待したのだが、この作品はカミーユが主人公であるのだから仕方ないのかも。

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.13

DVD『遠すぎた橋』アルティメット・コレクション

幾種類かのバージョンが存在するのが当たり前になった洋画のDVD。
『遠すぎた橋』も新たな仕様を追加してアルティメット・コレクションとしてソニーピクチャーズよりリリース。
以前発売されていた20世紀フォックスの特別版を持っているので、買うまいと思っていたがつい衝動的に購入。
ほとんど仕様は同じだろうと思っていたが、日本語吹替え版のキャストを見て少し驚き。
新録されていようとは思わなかった。
昔のTV音声だとばっかり思っていただけに、5.1chで新録とは予想外であった。
とはいえ、豪華スターの競演が売りの一つなのに吹替えの定番声優が誰一人登場していないのはガッカリ。
やはりロバート・レッドフォードの声は広川太一郎だし、マイケル・ケインの声は小林修で聞きたいものである。
以前のTV版では全てではないが定番の声優が起用されていただけに、そちらのバージョンも併せて収録できなかったのだろうか。
また、吹替え部分は英語の台詞のみでドイツ語やオランダ語などは字幕となっている。
吹替え版としてみると正しいのだが、以前のTV版のように全ての台詞を日本語にして微妙な部分は台詞をアレンジしたバージョンに馴染んだ自分としては少し違和感がある。
これで以前のTV音声を収録したDVDは手放す事が出来なくなってしまったのは何とも(笑)。

遠すぎた橋 アルティメット・コレクション

遠すぎた橋 アルティメット・コレクション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.05

DVD『ナバロンの嵐』

以前、コロンビア戦争映画のBOXで発売されていたモノが漸く単品発売となった。
好きな作品ではあったがBOXを購入してまでもと思っていたので、単品売りを機に購入。
28年前もの作品なので吹替え音声収録は期待してなかったが、これが収録されていたのは嬉しい仕様であった。
それもDVD化された時に再録されていた様で、TV放送時の音声とは別物であった。
『ナバロンの嵐』はTV放送時、3種類の吹替えバージョンが存在していた。
エドワード・フォックスを山田康夫、羽佐間道夫、納谷六郎がそれぞれ演じていたので良く覚えている。
そのいずれとも異なるこのDVD吹替え版だが、非常に手堅く作ってあるところが何とも複雑な感じ。
フランコ・ネロに小林清を持ってくる辺りが何とも良い感じなのだが、個人的にはもう少し有名どころを期待したかった。
個人的にはTV音声も併せて収録してもらいたかったが、日本語音声が収録されただけでも上出来である。
画質に関してもデジタルニューマスターを使用しているだけに、かなり良好に感じられた。

ナバロンの嵐

ナバロンの嵐

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.05

DVD『オリエント急行殺人事件』

なかなかDVD化されないと思っていたら、アマゾンのサイトで2ヶ月ばかり前にリリースされていたと知りすぐ購入。
アルバート・フィニ-、ショーン・コネリー、イングリット・バーグマン、ローレン・バコールといった豪華な俳優陣の競演が繰広げられる様は実に良い感じである。
その作品がようやくDVDリリースとあっては、見過ごす訳には行かない。
LDの時もリリースまで結構時間がかかった様に記憶しているが、この作品は本当にリリースに時間のかかる作品である。
次世代DVDが目前でのリリースとは駆け込み的な思惑も想像されるが、とりあえずのDVD化された事は喜ぶべきか。
ただ画質が先頃にCSで放送されていた方と比べると、あまり綺麗とはいえないのが残念である。
散々待たされた気分だけに、もう少し画質の良いマスターを作成して貰いたかった。
とはいえ25年前にTV放送で使用された日本語音源が吹替え音声として収録されているのは非常に嬉しい。
この手の謎解きミステリーは字幕よりも、吹替えで見るほうがダンゼン面白い。
テンポの良い謎解き部分を観るにつけ、やはり日本語吹替えだなと再確認。
所々の音源の無いであろう部分は新たに収録しなおされているので、とりあえずは最後まで日本語で通して観る事が出来る。
吹替えが25年前だけにオリジナル版のキャストが揃わないのか、欠損部分は別声優となっているのは仕方ない。
特徴あるポアロの吹替えだけに、欠損部分の復刻シーンは違和感が結構あるが個人的には許容範囲。
欠損部分だけ字幕というパターンもあったろうが、全部吹替えにしたのは日本語版製作サイドのこだわりなのだろう。
あと、映像特典でスタッフのインタビューが収録されているがネタバレもあるので、未見の人は注意がいるかも。

オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション

オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.03.26

DVD『ターミネーター2 エクストリーム・エディション』

これまで再三、各種のパターンでリリースされてきた『ターミネーター2』。
今回はエクストリーム・エディションと銘打ってHDテレシネの高画質等のスペック向上でリリースとなった。
次世代DVDの前にもう一儲けかと邪推してしまうが、つい買ってしまう自分が何とも。
まあ画質やら映像特典なども気になるが、購入した一番の理由は「特別編」に日本語吹き替えが初めて収録されたという事。
それも玄田シュワルツェネッガー版の吹替えなら押さえておかねばと。
以前の劇場公開版DVDの吹替えは別キャストだったので個人的にパス。
テレビ版では何度か玄田版の「特別編」が放送されたが、今回のDVDでは新規に収録されたもの。
玄田シュワは嬉しいが、残念なのはリンダ・ハミルトンの吹替えが吉田理保子でない事。
『ダンテスピーク』のDVDやテレビ版の「特別編」が彼女の吹替えだった所為か、少し残念。
良い感じのテレビ版の吹替えなので、そのまま収録して欲しかった。
それでも今回の新録版も違和感無く見ることが出来たので一安心。
やはりシュワルツェネッガーは玄田哲章の吹替えが一番シックリすると個人的な感想でした。

ターミネーター2 エクストリーム・エディション (初回限定生産)

ターミネーター2 エクストリーム・エディション (初回限定生産)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.20

劇場版『機動戦士ZガンダムⅢ‐星の鼓動は愛』

DVDで前2作を見たので、完結編は劇場で何としても観ようと目論んでいた『機動戦士ZガンダムⅢ』。
たまたま時間の都合がついたので地元の劇場へと足を運ぶ事が出来た。
展開が結構速くて且つ密度が濃いストーリーになっているので、一度観ただけでは内容を把握するのは辛い感じ。
これはDVDリリースを待ち、もう一度じっくりと見るしかないかも。
実際、前2作以上にTVシリーズを知らない人は観ていても解らないだろう。
勢力名やら艦名、MS名の台詞が飛びかうだけに、本当にややこしいのはTV版以上では。
確かにこれだけ詰め込んでは、キリマンジャロのフォウのエピソードを外すのも仕方ないか。
今回も新作カットはかなり綺麗な作画になっているので、その部分は実に良い感じである。
その一方で旧作の部分は相変わらず見劣りしてしまうのは致し方ないが、旧作部分でも安易に描き直せない名シーンも在るのは確か。
ラストの部分だがカミーユに関してはTV版と若干の変更がされているので、一応のグッドエンドになっているが、こうなればこうなったで続きが気になる。
続編が作られるか否かは分からないが、何らかの形でこちら側での歴史を知りたいと思ったりした劇場版の感想である。
やはり、『ZZ』はそのままの流れでは繋がらないだろうし、『逆シャア』にいたってはどうなる事やら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.22

DVD『ヒトラー ~最後の12日間~』

昨年の9月に劇場へ足を運んだが再度DVDでじっくりと視聴した。
2回目の視聴の所為か、劇場の時よりも作品が短く思えたが、やはり重い作品だなと改めて実感。

今回のDVD化だがスペシャル・エディションとしての2枚組みリリース。
しっかりとした白いブックケースには戦況図が型押しされている凝ったもの。
本編ディスクはトールケース収納だが、特典ディスクはシェルタイプの薄型ケース。
これに36ページの解説書が同梱されている。
たぶん廉価版が出るときは本編ディスクのみでリリースするのだろう。
映像に関しては地下壕や夜間の暗いシーンでややざらついた印象を受ける。
ハリウッド作品のようにCGをほとんど使わない所為もあるのだろう。
他は良好な画質で、気になるノイズなどは見受けられなかった。
収録音声は5.1chのドルビーとDTSの原語、5.1chの吹き替えの3種類。
着弾音などの戦場の音声は結構な迫力である。

日本語音声だが、ヒトラー役の吹き替えは大塚周夫さん。
大塚周夫さんといえばチャールズ・ブロンソンを始めとして、実に多彩なキャラクターを演じるベテラン。
どんなヒトラーかと思ったが、これが実に良い感じである。
最後の時を迎えるヒトラーの重々しい存在感が良く出ている。
側近を前に弁舌を振るうシーンでも、原語よりもトーンが低いが迫力は十分に伝わってきた。

あと気になった点をあげるとすれば人名解説の字幕が欲しかった。
ブックレットや特典ディスクを見ればいいのだが、側近達の役職や名前が本編ラストまで表示されない。
ヒムラー、ゲッペルス、ゲーリングは容姿で判るが、他の高官は名前が出るまでさっぱりである。
NHKの大河ドラマでも視聴者が覚えるまでは、毎回テロップを出し続ける。
DVDなのだからテロップのオンオフ位は簡単だろう。
その部分以外を除けば、結構内容のしっかりしたDVDに仕上がっている。

ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション

ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.20

DVD『ハウルの動く城』

11月は話題作のDVDリリースが相次ぎ、劇場へ足を運ばなかった『ハウルの動く城』もDVDでじっくりと観る事に。
初見の感想としては、これまでの宮崎アニメのテイストが満載された作品といった感じ。
どこかで見かけた様なシーンや小道具が『ハウルの動く城』の中に詰め込まれている。
出来としてはいつもながらの宮崎作品といった感じだが原作が海外の児童文学作品だけに筋立てが解り難い。
まあその辺は見返していけば自ずと解るの様に作っているのかもしれないが、やはり解り難い。
宮崎作品はストレートな筋立てが似合うと思う。
それにしても作画や美術を含めてアニメとしての出来はいつもの様に非常に良い。
これでストーリーがもう少し明解なら良かったのに。
キャスティングに関しては色々な意見を目にしてきたが、個人的には大きな違和感は無かった。
ただ、倍賞千恵子ひとりで少女から老婆までを演じさせる事には無理があったとは思う。
声は正直だから年相応にしか聞こえない。
アニメ声優起用には消極的な作品とはいえ、その辺は考えて貰いたいものである。
今回購入したDVDは2枚組みの通常版。
画質に関しては気になるようなノイズも無くて良好に感じた。
また、幸いな事に赤味がかった映像ではなかったので、澄み切った空気や水の感じもよく出ていた。
特典ディスクには絵コンテと本編映像がマルチアングルで収録され、本編が実質2本収められているのはこれまでのジブリDVDと同様。
ただ、この映像特典だが実際どの位の人が見ているのだろう。
絵コンテの細かな演技指示が見られないのでは、あまり意味が無いと思うのだが。
悪く言えば単なる紙芝居を収めているだけでは。
もう少し興味深い内容の特典ディスクなら良いのだが。

H17.11.16 ブエナビスタホームエンターテイメントよりリリース
ハウルの動く城

ハウルの動く城

| | コメント (0) | トラックバック (0)