2004.06.24

PS2『ガンスリンガー・ガール』VOL.3の購入特典

アニメ同梱のゲームソフトという異色作も8月19日発売の3巻目が最終巻。
個人的にはアニメDVDと見なして購入してきた。
しかしながら、PS2ソフトなのでパッケージがゲーム系なのが若干不満。
せめて全巻収納のBOXが在ればと思っていた矢先、購入特典としてBOXがあると知った。
特典を用意しているネットの通販サイトを確認したが、そのショップでは抽選での配布という事。
しかしながら、この手の販促物にメーカーが絡んでない訳は無い。
で、他のショップを調べたら、「アニメイト」では先着特典として手に入るとの事だったので急ぎ予約。
そして、今日になってネットの大手サイトの「PlayStation.com」と「セガ・ダイレクト」を見ると、そのどちらでも先着特典としてBOXが手に入ると告知が始まっていた。
やはりお膝元のサイトだけあって、この手の販促品はしっかりと確保できるらしい。
ひょっとしたら、早まって予約を入れてしまったか?
少しでも安く手に入れられたのにと、少し反省している自分である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.03

『電車でGO!FINAL』の事(その2)

発売からツラツラとプレイしている。
路線選択は毎日利用している神戸線・京都線等の地元の関西路線になってしまうのは仕方ない。
この手のゲームはご当地作品の側面を必然的に持たざるを得ない。
鉄道好きの人以外で且つ地域外の人にプレイして貰うのはよほど出来が良くなくてはならないと思う。

で、プレイを重ねるにしたがって思うのは初心者にもプレイしやすく仕上がっているという点。
目的地に定刻通りに到着させるように誘導するための、定通ポイントや定速ポイントは運行の目安としては良く出来ている。
初めて選択した路線では何キロで運行すべきか不明であるが、このシステムのお陰で定刻に到着できるゲームに仕上がっている。
ブレーキングに関してもGセンサーを作る事で無茶な操作を出来ない様に作ってあるのも面白い。
実際の運転でも行われている様に止まる直前にブレーキを緩めてショックを減らす操作がGセンサーで確認できるのである。
路線クリアの後で獲得するポイントで新規路線を購入するのであるが、プレイ回数を重ねる事で結構貯まり易いのでシークレット以外は比較的早く選択出来る様になっているので、自分の好きな路線がいつまでたってもプレイ出来ないような事が無い様にも作られている。

グラフィックに関しては実風景との細かい違いまで見るときりが無いが、実際の風景感が実に上手く再現されている。
関西路線をプレイしていると他の路線以上にすれ違う車両が賑やかに感じる。
また、緩急接続の駅では接続列車とほぼ同時に駅に進入したり、接続待ちの車両が止まっていたりと、日頃利用している人で無いと気が付かない様なところまで再現されているのには感服するばかりである。

総じて見るとシミュレーターほど厳密ではないが、ゲーム性が高すぎないといった感じの丁度いいレベルの作品に仕上がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.28

『電車でGO!FINAL』の事

個人的に期待していた『電GO!FINAL』がようやく発売された。
プレステドットコムに申し込んでいたので発売日の27日に無事定着してくれた。

早速、地元路線の東海道本線を選んでみた。
最初に選べるのは入門モードを除くと各駅停車(京都~神戸・神戸~京都)の2本のみ。
長い路線だが4区間に分割でプレイできるようも親切設定されていた(と言うか、分割モードをクリアしないと通して走れないのであるが)。
201系で大阪~芦屋と芦屋~神戸までを運転してみたが「高速編3000番代」に収録されていた同路線よりも駅間の距離が長くなっている。
最初に感じたのは結構良い感じに作られているといった事。
グラフィックもかなり綺麗で、路線の再現もいい雰囲気である。
淀川橋梁が結構長いし、塚本~尼崎間も4キロ程の長距離になるなど実距離にだいぶ近い感じ。
駅間の速度に関しても定速ポイントが設定されているので目安がつけやすくされている。
このシリーズをプレイした事のある人なら、難易度の低い路線なら問題無く最後まで走れるはず。
プレイ毎に獲得するポイントを支払って新たに運転できる車両の選択肢が増えるようになっていたので、「207系神戸~尼崎」間を購入した(^^;)。

まあ、地元利用者故に踏切の位置やホームの長さなど若干気になる点も幾らかはある。
しかしながら不満点を差引いても、総じて良い出来に仕上がっており他の路線を早速プレイしたいと思わせるゲームに仕上がっていると先ずは思った次第である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.01

「電車でGO!FINAL」体験版

「電撃プレイステーション」誌で先着1000名プレゼント応募の告知を見て応募したところ、運良く手に入れる事が出来た。
早速プレイしたが、体験版ということで環状線・京橋-大阪間のみのステージ収録(運転士・車掌モード共)であり、若干の処理落ちも見られたが結構良い出来に期待が高まる思いであった。
グラフィックに関してはプロ2と比べて格段に向上しており、周囲の風景もかなり細かく描かれていた。
環状線のわずかな区間のみで全体を判断する事は出来ないが、電車でGO!FINALのHPのデモ映像やスクリーンショットを見るにつけ全体の出来もかなり良さそうである。
このレベルの映像で馴染みの沿線風景を早く見てみたいと思う出来であった。
操作に関しては従来からのボタン操作と同じなので、前作までをプレイしているのなら戸惑う事無くプレイ出来る様になっている。
サウンドに関しては結構こだわって作られているとの事だが、残念ながら個人的には(毎日JR線を利用しているが)あまり区別がつかない(^^;)。
しかし、マニアの人には常識的に区別がつくのだろう。
プレイ不可ではあるが、初期メニューには楽しみな路線や車両も表示されていた。
5月27日の発売日が待ち遠しく思える体験版である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.04.09

アニメDVD同梱のゲームソフト

『ガンスリンガー・ガール』のPS2用ソフトが4月8日に発売された。
同梱品はTVシリーズ1話~5話収録されているDVD。
メディアミックス展開するアニメ作品は今まで多くあったが、それはどちらかと言えばゲームはゲームとして販売、アニメはアニメとして販売と住み分けが行われていたと思う。
それがこの作品はTVとゲームを同一パッケージにして発売である。
個人的に気になる作品だけに、この形態での発売はある意味つらい。
以前にPS2ソフト『ラーゼフォン』でも新作収録のDVD同梱の限定版を購入したが、DVD目当てでの散財でゲームは殆ど今に至るまでプレイしていない。
余分なものに出費したくないのは当然。
しかし「ゲーム+DVD?」のふろどさんの投稿を読むと、TVシリーズのDVDを手に入れるにはこれを買うしかないらしい。
価格的に5話収録DVDとゲームで税込7,140円が妥当か否か。
アニメDVDソフトでも5話収録ならこの価格なら許容範囲か(未見なので1話が何分か知らないが)。
同じ調子で6話から9話まで収録されたVol.2が6月に発売される予定との事なので、最終的に全3巻になるのだろう。
とりあえず今月号の電撃大王に付いているDVDの第1話を観てから考え直そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.28

2004年春『電車でGO!FINAL』発売決定

『電GO』シリーズの新作がこの春発売される事になったと27日にタイトーのHPに掲載されていた。
『電GOプロ2』が発売されて1年ほどしか経たないうちに、新作がプレイ出来るとは愉しみである。
しかも今回収録される路線にはJR京都線と合わせてJR神戸線(大阪-三ノ宮)がようやく登場する事となった。
DCやN64の『電GO2』には収録されているにも関わらず、PS系のソフトには今まで収録されなかった路線である。
この路線をプレイしたいが為にN64を購入したほどである。
地元JR神戸線利用者にとってはこれでひと安心である。
欲を言えばせめて『電GO3』に収録されていた神戸~西明石まで収録して貰いたかった。
その他にも環状線、中央線、山手線と関西・関東の主要路線が収録される予定である。
HPに掲載されたスクリーンショットはかなり美しくて期待が高まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)