« 2016年7月 | トップページ | 2016年11月 »

2016.10.26

三式戦闘機『飛燕』の実機展示に行ってきました

三式戦闘機『飛燕』の実機展示が、神戸ポートターミナルで行われているとうい事で出かけてみました。
川崎重工の記念行事と云う事で開催されたとの事です。

Imgp0143

ポートターミナルの大ホールに入ると、いきなり目に飛び込んでくる三式戦闘機『飛燕』。
その存在感が凄いといった印象です。
飛行機を近くでじっくり見る事が無かっただけに尚更です。

Imgp0145

少し前側から撮ってみました。
零戦とは違ったシルエットが面白いですね。

Imgp0157

ハ140発動機です。

Imgp0175

階段を上がって上から見てみました。

Imgp0182

別の方向から。
上から見ると、バイクと比較してその大きさが良くわかりますね。

Imgp0171

コックピット周辺をアップで。

Imgp0191

主脚です。
模型好きなのでどうしても細かなディティールが気になって……。

Imgp0168

尾翼は復元された部分との差が良く解りますね。
解説書きを読むと、実機に忠実な復元に努めたとの事です。

Imgp0152

こちらはコックピット再現コーナーの展示。
座ってみましたが、思ったより正面の視界が意外に狭い。
係りの人の解説によると、実機ではシートが上下するとの事。
それでも、正面の照準器とかを通して見る視野って小さそうな印象です。

といった感じの三式戦闘機『飛燕』の実機展示。
普段滅多に航空機の展示を見る事が無いだけに、こういった催しは嬉しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年11月 »