« タミヤ「ドイツ IV号駆逐戦車/70(V) ラング」の事(その2) | トップページ | 練習艦「しらゆき」の一般公開へ行ってきました »

2015.01.17

阪神淡路大震災から20年

あの阪神淡路大震災から今日で20年目。
気がついたら20年が経っていたと云うのが正直な感想です。
本当に時間の経つのは早いものです。

P1030818

P1030823

震災の傷跡が町並みから姿を消して、更に新しい姿に変わりつつある神戸。
その一方で、メンタルな部分の問題が未だに解決していないとの報道をよく耳にします。
自分も「1.17」という数字の並びを目にする度に震災を連想してしまいます。
実際に大変な目にあった被災者の人にとって、その解決は20年経っても変わらない事でしょう。
地域の繋がりがそうした人達の助けになる様な町づくりが、これからの高齢化社会では更に必要になるでしょう。
そして、将来起こる事が予想される南海トラフの地震。
これからの時代を生きていかなければならない我々に課せられた問題は多く残されています。

|

« タミヤ「ドイツ IV号駆逐戦車/70(V) ラング」の事(その2) | トップページ | 練習艦「しらゆき」の一般公開へ行ってきました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5128/60987893

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神淡路大震災から20年:

« タミヤ「ドイツ IV号駆逐戦車/70(V) ラング」の事(その2) | トップページ | 練習艦「しらゆき」の一般公開へ行ってきました »