« タミヤ「ドイツ IV号駆逐戦車/70(V) ラング」の事 | トップページ | タミヤ「ドイツ IV号駆逐戦車/70(V) ラング」の事(その2) »

2014.12.13

JR六甲道駅「昇降式ホーム柵」試行運用の事

JR神戸線の六甲道駅の上りホーム。
今日13日から「昇降式ホーム柵」の試行運用が始まるとの事なので、出かけたついでに六甲道駅で少しばかり様子を見てみました。

P1030734

P1030735

電車がいない時は昇降柵が下がった状態です。
柵はそこそこの高さがあるので、端を歩いていても落ちる心配がいらず安心できる印象でした。

P1030733_2

電車が入ってきた状態だとこんな感じ。
この後ホーム柵が上昇して、ドア開、ホーム柵の下降、ドア閉といった動作になりました。

P1030736

そして、ホーム柵が上がった状態。
列車の長さに合わせた部分だけ柵が上下していました。
ただ柵が作動する分、停車時間がやや長くなってしまった様に感じました。
まあ試行運用ですので、その辺は将来の課題とされるのでしょうか。
いずれにしても、安全性と利便性をどう両立させていくのか気になる所です。

|

« タミヤ「ドイツ IV号駆逐戦車/70(V) ラング」の事 | トップページ | タミヤ「ドイツ IV号駆逐戦車/70(V) ラング」の事(その2) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5128/60803197

この記事へのトラックバック一覧です: JR六甲道駅「昇降式ホーム柵」試行運用の事:

« タミヤ「ドイツ IV号駆逐戦車/70(V) ラング」の事 | トップページ | タミヤ「ドイツ IV号駆逐戦車/70(V) ラング」の事(その2) »