« 海上自衛隊 阪神基地隊サマーフェスタ2014に行ってきました | トップページ | JR六甲道駅の「昇降式ホーム柵」の事 »

2014.08.09

護衛艦「てるづき」の一般公開に出かけてきました

昨日の阪神基地隊サマーフェスタから帰って一休みして直ぐに、今度はポートターミナルでの護衛艦「てるづき」の一般公開へと出かけました。
この公開は9日、10日と大阪湾で行われる海上自衛隊の訓練展示に先駆けて行われるイベントとの事。
やはり普段目にできない護衛艦ですから見学しなければ。
13時からの公開に間に合うようにポートターミナルへと向かいます。

Imgp9074

ターミナルのデッキから撮影しました。
先ほど阪神基地で観た護衛艦よりも大きい分、迫力がある印象です。

Imgp9095

所持品チェックの後、いよいよ見学へと向かいます。
艦尾側から見上げる護衛艦「てるづき」です。

Imgp9097

まずは後部デッキのSH-60K。
こうして間近で見ると結構ヘリコプターって汚れるのですね。
模型を作る時の参考になります。

Imgp9107

SH-60Kの内部も公開されていましたので、自分も少しばかり入らせて貰いました。
普段目に出来ない内部ですけど、計器類が一杯過ぎて何が何だか。

Imgp9114

その後はラッタルをいくつか登って艦橋へと。
艦橋から前部甲板を見下ろします。
それにしても艦橋内部は色々な機器が多いですけど、やはり今はデジタル式の計器が多いですね。

Imgp9123

次は前部甲板の62口径5インチ砲。
このタイプの装備は初めて見ましたけど、結構砲身が長いですね。
海上自衛隊の艦艇に装備してある砲塔って丸っこいイメージがあっただけに、新鮮な印象を受けました。

Imgp9119

展示してあった5インチ砲の砲弾。
重量を聞いてみれば砲弾だけで32キロ、薬室だけで17キロとの事。
先だって訓練支援艦「てんりゅう」で持った砲弾の倍以上もの重量なんですね。
自動装てんとはいえ、事前に準備するのは大変な作業でしょう。
また実際に発砲した後は、薬きょうは砲身の上側の蓋の部分から外に排出されるとの説明でした。

Imgp9129

20ミリファランクスと艦橋を見上げて撮ってみました。
存在感のある艦橋ですね。

Imgp9130

水上発射管です。
側舷のハッチが開いて使用する発射管なんですね。
新しいタイプの護衛艦だなと思わせる部分です。

Imgp9134

下船後、艦首方向から撮ってみました。
鋭い雰囲気の護衛艦ですね。
高く聳えるアンテナマストが実に格好いいです。

Imgp9145

Imgp9149

その後全体を撮るべくポートアイランドまで行ってみました。
本当は艦首側をこちらに向けていて欲しかったですけど。
いずれにしても良い感じの雰囲気がある護衛艦です。
惜しむらくは天気が午後からも晴れてくれれば良かったのですけどね。

といった感じの護衛艦の見学でした。
一日で4隻もの自衛艦を間近に見れて非常に充実した日でした。

|

« 海上自衛隊 阪神基地隊サマーフェスタ2014に行ってきました | トップページ | JR六甲道駅の「昇降式ホーム柵」の事 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5128/60122530

この記事へのトラックバック一覧です: 護衛艦「てるづき」の一般公開に出かけてきました:

« 海上自衛隊 阪神基地隊サマーフェスタ2014に行ってきました | トップページ | JR六甲道駅の「昇降式ホーム柵」の事 »