« 芸備線(三次-備中神代)に乗ってきました | トップページ | 宇部線、小野田線、山口線に乗ってきました »

2010.09.06

木次線に乗って来ました

先日はその姿だけを見かけた木次線普通が気になり、今日は木次線に乗車しようと夜行バスで早朝の松江駅へ到着しました。
朝の5時だけに駅は静かなものです。
宍道駅で接続まで時間がありますから、米子まで行ってみます。

Imgp3719

Imgp3729

松江6時21分発の鳥取行き普通に乗車です。
早朝のノンビリとした風景を楽しみながら米子へ到着です。
ここは境線に乗るため訪れて以来です。
折り返しの列車が来るまでに、もう一度と境線ホームに行ってみます。

Imgp3734

前回は遠くに見ただけの「目玉おやじ列車」が停まっていました。
朝時間の運用なのでしょう、3両編成のうちの一部として走っているようです。
境線0番線ホームで何枚かシャッターを切って移動します。

Imgp3743

宍道駅までは引き返すのはキハ47系です。
7時15分米子発で、最初こそ空いていた車内は途中から直ぐに学生さんでいっぱいなりました。
松江を過ぎ、次の乃木で学生さんがほとんど降りると車内は一気に空きます。
途中駅で「鬼太郎列車」を繋げて走る編成と遭遇。
境線の専属ではないみたいですね。
宍道湖のゆったりとした風景を楽しみながら、宍道駅へ8時13分に到着です。

Imgp3748

ここから木次線へ乗り換えです。

Imgp3764

乗車するのは4両編成のキハ120で、車掌さんも乗務されています。
てっきり木次線は全部ワンマン運転かと思っていました。
運転士さんに確認すると、木次で後ろ3両は切り離し出雲横田には先頭のみ到着するとの事。
最初から先頭車両に乗り込みます。

Imgp3766

先頭車のシートは全部ロングシートでしたが、車窓の見やすいポジションに位置する事は出来ました。
定刻通り9時4分に宍道駅を出て木次線を進みます。
宍道駅を出ると車窓はすぐに緑濃い景色へと変わります。
山あいの穏やかな景色は良いですね。
だけど流石に出雲ですね、山々の緑が段々と半端でなくなっていくみたい。

Imgp3770

Imgp3772

木次駅に到着です。ここで27分停車し、その間に後ろ3両を切り離します。
更に、ここからはワンマン運転になります。
奥出雲の濃い風景を楽しみながら列車はじっくりと走ります。
この列車の終点の一つ手前にあるのが、あの「亀嵩駅」です。
やはり鉄道とミステリーが好きな人間としては是非とも下車しておかねばなりません。
亀嵩駅で下車する為に早めの列車に乗ったのは、この為です。

Imgp3787

という訳で亀嵩駅で下車しました。
同じ志の方が他に二人おられたのが何とも。

Imgp3797

Imgp3809

Imgp3802

メディアで何度も目にする亀嵩駅。
雰囲気はいたって普通のローカル線の駅ですが、蕎麦屋さんがある事が一番の特色。
多くの人が訪れるだけあってか、駅は綺麗に整えられています。
早速、出雲そばをいただこうとお店に入りました。
店内には多くの有名人のサイン色紙や「砂の器」関連の写真が飾られています。

P1020014

出雲そばのメニューから、割子そばを美味しく頂きました。
このお店は車で来られる方も多いようで、鉄道で降りた人の他にも蕎麦を食べにくる方を見かけました。
そばを食べた後は、駅舎の写真を撮りつつ12時40分発の備後落合行きを待ちます。
今日は曇り気味で強烈な日差しがないのは正直助かります。

Imgp3820

定刻通りにやって来ました。
備後落合まで乗り通す列車なので、車内には結構な人数の乗客がいます。
このキハ120系普通はクロスシートも備えた車両です。
次の出雲横田では18分程停車しましたので、駅舎を撮りに多くの乗客がその時間を利用して降ります。

Imgp3824

立派な寺社建築の駅舎ですね。
駅舎を撮って乗り込んだ列車は、出雲坂根駅の3段スイッチバックへと向かいます。
延命水で人気の出雲坂根駅で4分停車。
延命水目当ての人が大急ぎで向かいます。

Imgp3828

出雲坂根駅で前後向きを変えた列車が2段目へ向かいゆっくりと登っていきます。

Imgp3833

2段目を登り終えると再度向きを変えて上ります。
草木が生い茂る勾配のきつい線路をうねる様に登ります。
奥出雲おろちループの橋梁が見えてきます。

Imgp3843

先ほど停車したばかりの出雲坂根駅が眼下に見えました。
こうしてみると急な傾斜の勾配を一気に登って来たのですね。

Imgp3848

さらに近くに奥出雲おろちループの赤い橋梁が再度見えました。
緑濃く茂った木々の為に谷深くは見えませんが、時期によっては怖いくらいの絶景が見えるかもしれませんね。
トロッコ列車で来ると楽しいでしょうね。
ちなみに備後落合方面行きなら右側の窓が見晴らしが良いです。
登りきった列車は三井野原駅へ。
そこからは徐々に下りながら終点の備後落合駅へと向かいます。

Imgp3853

芸備線が姿を見せると直ぐに備後落合駅に14時9分に着きました。
既に芸備線三次行き普通が停車し、折り返し新見行になる普通がほぼ同じタイミングでやって来たところです。
先だっての金曜日に、備後落合駅から新見へと抜けるルートを使ったばかりだったので躊躇いましたが、一番早く神戸へと戻れるコースなので大急ぎで乗り換えました。
もう一度木次線を戻るのも有りですが、帰り道の特急利用の出費が辛いのも一因です。

Imgp3854

この間と同じ新見行の普通ですが、乗客は「奥出雲おろち号」が走ったこの前よりはやや少ないかな。
やや曇り気味で山々の緑の鮮やかさは控えめですが、綺麗な景色が実に良い感じなのは先日と一緒です。

Imgp3876

新見から乗り込んだ姫路行の普通は115系の新色です。
個人的には115系と相性が悪い色ではないと思うけれど、その辺は人によって様々なんでしょうね。
まあそんな感じで今回の遠征は終了という事です。

|

« 芸備線(三次-備中神代)に乗ってきました | トップページ | 宇部線、小野田線、山口線に乗ってきました »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5128/49374701

この記事へのトラックバック一覧です: 木次線に乗って来ました:

« 芸備線(三次-備中神代)に乗ってきました | トップページ | 宇部線、小野田線、山口線に乗ってきました »