« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.31

福塩線と岩徳線に乗ってきました

暑い日が続き、18切符で遠出する事も躊躇いがちですが、利用期間もあと少しと出掛ける事にしました。
今回の目的は、先ずは福塩線に乗ることです。
神戸からは、始発を乗り継いで万富駅。
そこから三原行きの普通を利用して、福山駅へと進みます。

Imgp3426

三原行きは115系の瀬戸内色。
旧来のボックスシートなので、座り心地は残念ですが、それも一興ですね。
万富駅を出た電車は徐々に乗客を増やしながら岡山駅に到着。
大半の乗客を降ろした岡山駅からは混雑しないで、定刻通りに福山駅へ到着です。

Imgp3435

Imgp3441

福塩線ホームで待つこと暫し、府中行きの105系が現れました。
ワンマン運転、ロングシートの電車です。
都市近郊の風景からローカル色の徐々に加えながら電車は進みます。
単線ですから、途中での列車交換は2回。
府中駅に向かうにつれ乗客は少なくなっていきます。

Imgp3444

Imgp3443

府中駅に到着。
大半の乗客は改札を出たようで、1時間以上先の接続待ちは自分だけ。
まあ、2本あとの電車でも接続出来るのを、早く来た自分の所為なのだが。

Imgp3464

待っている間に、接続便の三次行きキハ120系を撮っておきましょう。
福山からの接続を待って定刻通りの12時10分に府中駅を出発しました。
乗客は程々で、客席率的には7割程度です。
ボックス+ロングシートの車両で一両編成のワンマン運転です。
ボックスの窓際を確保しましたが、左側の太陽側に座ってしまったので暑い暑い。
少しして右側のボックスが空いたので大急ぎで移動しました。
車窓は電化区間とは違って緑の多い風景の中をゆっくりと進んでいきます。
福塩線を進むにつれて、やはり乗客は徐々に減っていきます。
単線区間は相変わらずで、途中の列車交換は2回。
福塩線の終着の塩町駅付近で開けた感じの車窓になり、芸備線に入り三次駅に到着。

Imgp3492

Imgp3490

三次駅には以前、急行「みよし」に乗る為に訪れて以来2度目です。
構内の風景を今一度味わいたい処ですが、広島へ抜ける為に乗り換える時間は6分しかありません。

Imgp3491

大急ぎで停まっている車両を撮影します。

Imgp3493

広島まで乗り込んだ快速「みよしライナー」です。
1両編成のワンマン運転のキハ40系。
キハ120系とは違う重い感じのディーゼル音を響かせて軽快に芸備線を駆け抜けます。

Imgp3501

Imgp3499

15時28分、広島駅へ到着。
このまま帰路に着くのも有りですが、ここまで来たのですから未乗車区間の岩徳線を目指します。
山陽本線に乗り岩国駅まで移動です。
やはり広島駅からの乗客は多くて、岩国駅の少し前位までは結構な混雑でした。
岩国駅には16時40分に到着。

Imgp3504

Imgp3505

既に岩徳線ホームには徳山行のキハ47系が停車中。
まだ入線して直ぐなのか乗客はまばらです。
見晴らしが良さそうな左側のボックスを確保して17時15分の発車を待ちました。
発車する頃には学生さんを含めて6割程の客席率といった感じ。
この路線もワンマン運転の単線区間です。
岩国駅を出て暫くすると、緑豊かなローカル線的な車窓が広がり始めます。
夕方の空模様と相まって、山間の穏やかな風景が実に良い感じです。
もしこの岩徳線が複線化されて山陽本線として活用されていたなら、きっと車窓には違う風景が広がっていたでしょうね。
そんな事を思いながら櫛ケ浜駅に到着し、岩徳線は山陽本線に合流です。
徳山駅には18時36分に到着。

Imgp3512

Imgp3511

途中からの利用する地元の学生さんが多い印象の残る路線でした。
といった感じで未乗車区間、福塩線と岩徳線の乗車完了です。
この後は神戸までは新幹線を利用して一気に戻り、本日の道行は終了という事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »