« 阪神淡路大震災から15年 | トップページ | 近江中庄駅で『日本海』を »

2010.01.19

武豊線と太多線へ行って来ました

18きっぷ期間も迫って来たので、今日も未乗車区間を求めて出かけます。
今回の目的は武豊線と太多線です。
始発で出発して神戸線、京都線、琵琶湖線を通って米原へ。

Imgp21092

大垣行の普通は373系電車でした。
このタイプには初めて乗りました。
特急に間違って乗ったのかと、最初思ってしまいました(恥)。
グレード高めの車両に運良く乗れて得した気分です。

Imgp21112

大垣から大府までの快速は313系電車。
大府から未乗車区間の武豊線に乗り換えます。
ワンマン運転のキハ75系がホームに停車していました。
住宅が結構立ち並ぶ沿線風景を見ながら進みます。
途中の半田駅で古そうな跨線橋を見ましたが、後で調べるとJR最古のモノらしいです。
これは日を改めて訪ねてみたい駅ですね。

Imgp21202

Imgp21252

Imgp21282

Imgp21222

30分ほどで終点の武豊駅に到着しました。

Imgp21302

約10分後に折り返し大府駅へと引き返しました。
ワンマン運転の所為か乗り降りには少し時間が掛っている感じですが、定刻通りに大府駅に到着です。
今度は太多線を目指すために、金山駅まで戻り中央本線を多治見駅まで進みます。

Imgp21432

Imgp21442

乗車した多治見行き普通は211系で、到着後は折り返し名古屋行きとなりました。
ここから太多線を経て岐阜行の普通電車に乗り継ぎます。

Imgp21572

キハ11系0番台が停車中でした。
少ない乗客を乗せてゆっくりと太多線を進みます。

Imgp21582

Imgp21612

太多線の終着の美濃太田駅には30分程で到着しましたが、ここで約15分の時間待ち。
この駅は以前、高山本線を抜けて来た時に乗り換えて以来です。
時間になりましたが、この列車は高山本線からの便と接続しなかったので、乗客は少ないまま岐阜へと向かいます。
途中から徐々に乗客が増えましたが、比較的空いた状態で岐阜駅へと到着しました。
岐阜から大垣までは新快速を利用します。

Imgp21782

大垣駅から利用するのは特急『しらさぎ9号』です。
先週、美濃赤坂駅に行った際に運休して断念した「旧」新垂井駅経由線を今回通ってみようという訳です。
大垣と米原の一区間は、自由席特急券と乗車券で1380円。
この「旧」新垂井駅経由は特急を利用しなければ通れないのが何とも。
車窓からそれらしき痕跡とは何となく判りましたが、確信を持てる程ではありませんでした。
速いスピードで駆け抜けるうえに、周辺の目印を知らないので仕方ないですね。
でも、「旧」新垂井駅経由線に乗車できたので満足です。

Imgp21802

という事で、今回の目的は無事達成出来ました。
米原駅から新快速を利用して一気に神戸へと戻り、今日の道行は終了です。

|

« 阪神淡路大震災から15年 | トップページ | 近江中庄駅で『日本海』を »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5128/47339233

この記事へのトラックバック一覧です: 武豊線と太多線へ行って来ました:

« 阪神淡路大震災から15年 | トップページ | 近江中庄駅で『日本海』を »