« 『特急はまかぜ』キハ181系を置換え | トップページ | 六甲道駅にて »

2009.03.29

JR西日本、摂津本山駅の「橋上化」を検討へ

3月27日付の神戸新聞の神戸東部欄の記事によると次の通り。

【JR西日本 摂津本山駅バリアフリー 「橋上化」を検討】
『地元住民から要望の出ていたJR摂津本山駅(東灘区岡本1)のバリアフリー化について、JR西日本は、橋上化によるエレベーター設置が最適として、具体的な検討に入った。計画が進めば、市も駅舎につながる歩道橋を新設する考え。
JR西によると、同駅の乗降者数は1日約4万5千人。高齢者や、乳幼児を抱えベビーカーを利用する人も少なくない。2006年施行のバリアフリー新法は、1日の乗降客数が5千人以上の駅でエレベーターを設置するよう努力義務を定めており、同駅でも利用者からバリアフリー化を求める声が上がっていた。昨年9月には地元の自治会や婦人会などが促進協議会を結成し、約2万3千人の署名を集めてJR西や市に要望した。
こうした動きなども受け、JR西はエレベーターの設置場所などを検討。地下通路でホームと改札口がつながった現在の構造では難しく、バリアフリー化には駅の橋上化が最適と判断した。ホームと橋上駅間、駅と地上の間にそれぞれエレベーターを設置する案で、今後、具体的なレイアウトを考える。』(神戸新聞より)

P10009132

バリアフリー化はとても重要な工事なので、是非とも進めなければなりません。
とはいえ、摂津本山駅はJR神戸線に僅かに残された数少ない古い駅舎なので、何とか今の姿を留めたまま工事が出来ればと思っていたのですが。
橋上化工事でレトロモダンな意匠のある灘駅が姿を消してしまった今、昭和初期の簡素な佇まいの駅舎は貴重なのですが、やはり利便性を追求するのは仕方の無い事なのかもしれません。
出来得れば、移築などでその姿を残せれば良いのですが。

|

« 『特急はまかぜ』キハ181系を置換え | トップページ | 六甲道駅にて »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

摂津本山駅前のマンションに住む77歳です。車いす生活です。いつになったら工事が始まるのでしょうか?不自由な障害者は指折り数えて待っているのですが。・・・
計画が始まるのも遅いですのに何時私は電車で外出できるのでしょうか・一日も早い完成を待っています。

投稿: | 2010.07.09 20:52

コメントありがとうございます。
具体的な予定は報道されていませんね。
地元の婦人会の方によると、ホームを西に延ばすらしいとの事ですが、工事時期については知らないらしいです。
エスカレーターを設置する等の短期間のバリアフリー化を行う方が、直ぐにでも必要な方の要望に応えられたように思いますね。

投稿: 礼二郎 | 2010.07.10 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5128/44496022

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本、摂津本山駅の「橋上化」を検討へ:

« 『特急はまかぜ』キハ181系を置換え | トップページ | 六甲道駅にて »