« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.27

『和田岬線』に乗ってみました

先週は『急行みよし号』に乗る為、広島まで遠征してきたので今日はおとなしく近場へ。
地元神戸にあるのだけれど、行動範囲から離れていて未だ利用した事のない「和田岬線」。
朝と夕方しか走らない事は知っている程度なので、一度乗ってみようと出かける事に。
時刻表を見てみると休日は朝夕一往復のみで、それも朝は7時台に一本。
地下鉄が通じている上、平日と土曜の通勤客の利用が主とはいえ少ないです。
地下鉄海岸線の和田岬駅で下車して、JR和田岬駅から兵庫駅へ向かって乗る事にしました。

P100082312

P100082612

P100083112

地下鉄「和田岬」の階段を上がれば直ぐ目の前がJR「和田岬」駅。
人気のない寂しい感じの無人駅です。
とても神戸市の鉄道の駅舎とは思えません。

Imgp083212

兵庫からの電車が来る時間に合せて到着したので、直ぐにやって来ました。
スカイブルーの103系です。

P100083312

P100083612

103系の古い車両ですが綺麗に整備されています。
ここから直ぐに折り返し兵庫駅までの運転になりました。
撮影出来なかったけれど、途中の川崎重工には回送待ちのE721系が止まっていたりもしました。
4分ほどの時間で兵庫駅に到着。
改札機と券売機は兵庫駅にあり、そこで清算する事に。
変則的な路線でしたが、ICOCAが使えるのが何とも妙な感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.20

『急行みよし』に乗ってきました

6月30日で急行としての運転が終了する芸備線急行「みよし号」。
JR西日本のHPで告知を見て、無くなる前に是非乗ってみたいと思い出かける事にしました。
6月になればヘッドマークを付けて運行するとの事。
それを待って出かければ人出も多くなりそうだし、梅雨になれば天気も不安。
日曜日は天気も上々になりそうなので、広島までの遠征を決定。
新大阪を午前6時発のひかりレールスターで広島まで乗車。
新幹線を利用するのは凄く久しぶり。
ひかりレールスターの利用も初めてでしたが、2+2の座席配列の車両は快適。

P100075312

1時間半ほどで広島に到着。
急行「みよし号」乗車の為の急行券を購入して芸備線のホームへ。

P100075612

先発の普通列車を見送りながら、「みよし号」の到着を待ちました。

P100077412

P100077812

急行「みよし2号」です。
初めて乗車するキハ58+キハ28。
乗り込んだのは禁煙車の1号車のキハ28。

P100078212

8時38分発の急行「みよし」の車内は結構空いていました。
おかげで緑の映える景色の中をディーゼル音伝わる列車で、ゆっくりと三次までの乗車を楽しめました。
沿線でも、撮影者の姿がチラホラ。
広島駅のホームで「みよし号」の撮影する人の姿を少し見かけたが、この先ラストランに向けて徐々に増えるのだろう。
三次に到着した列車は、ここで急行「みよし3号」として折り返し運転。

P100080212

Imgp081412

帰りは普通列車でもよかったのだけれど、この際だからと再度「みよし号」に乗車です。
出発までの30分は三次駅のホームからじっくりと列車を撮影。

Imgp081712

Imgp081912

Imgp082212

P100080512

P100080712

国鉄色でないとはいえ、キハ58系列車は日頃見る事の出来ないだけに凄く貴重なひと時でした。
帰りの急行「みよし号」も乗客は多くなかったので、これまたのんびりとした時間を楽しめました。
まあ、利用客が少ないので運行が無くなるのは仕方のない事だが、やはり残念です。

Imgp082612

キハ120形気動車も止まっていました。
広島駅に戻ってきたのは11時49分。
直ぐに新幹線に乗り継いで、12時丁度発の「のぞみ20号」で新大阪へ。
時間に余裕があれば在来線でのんびりと帰りたい所なのですが今回は見送り。

P100081112

行きと同様一時間ほどで新大阪へ到着し今回の遠征は終了。
700系「のぞみ」の利用も初めてでしたが、先ほどのキハ58系と比べるとそのスピードの違いは圧巻です。
速い列車も良いのですが、のんびりとした列車も趣があって自分的には好きです。
そのうち昼行急行「つやま号」にも、無くなる前に乗ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.13

「三木鉄道」に乗ってきました

来年には廃止されてしまう『三木鉄道』。
その前に一度は乗っておこうと出かける事に。
新快速で加古川駅まで行き、加古川線に乗り換え。
加古川線の乗り換えって、何かよく判らない。
改札口の内側に加古川線用の改札口が在るんですね。
ICOCAで乗り換えを駅員さんが丁寧に教えてくれて清算。
小浜線でも見た事のある125系電車1両が直ぐに到着。
関空快速の様に2+1列の転換クロスシートの125系に初めて乗車。
昼時の所為もあり、3駅向こうの厄神駅止まりの電車は乗客も少ない。
ゆったりとした車内の電車は直ぐに厄神駅に到着。

P10007252

これが加古川線の125系。
ここから目的の三木鉄道に乗り換え。
改札を出て三木鉄道への案内を探すが、直ぐには目に付かない。
振り返って厄神駅の券売機の横に「三木鉄道」の時刻表を発見。
「三木鉄道」って、厄神駅の3番ホームから出ていたとは。
駅員の人にまた教えてもらって、三木鉄道の到着を待つ。
到着までの20分程を好天の下でのんびりと過ごす。

Imgp080312

Imgp080712

で、やって来ました。
加古川線同様にワンマン運転。
それでもってディーゼルカー。

P100073211

独特のエンジン音を響かせながら出発。
乗客は自分も含めて4人。
実にゆっくりと走って行きます。
乗降客のいない駅では止まっただけで、直ぐに出発。
新快速の高速運転で加古川まで来た所為もあって、そのゆっくりさが特に実感できました。

P10007332

ブラインドが引っ張り下ろすタイプでなく、横に引くタイプなのが面白い感じ。
ゆっくりと進む電車は13分で三木駅に到着。
ここで列車は折り返し運転。

P10007362

P10007372

P10007382

P10007392

ローカル鉄道の終点の三木駅。
古びていたけれどこじんまりとした落ち着いた感じの駅舎です。
とりあえず、三木鉄道に乗車の目的を達成しました。
このあとは、神戸電鉄の三木駅までやや迷いながら辿り着き新開地行きの電車に乗車。
この神戸電鉄線もワンマン運転でした。
何か、今日はワンマン運転に乗っている比率が高かった(笑)。
あと一度くらいは三木鉄道に反対向きに乗ってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.05

今日の駅撮り(5月4日)

天気が良さそうなので朝から塚本駅まで出かけて駅撮りです。
連休前半に京都線で何度か撮影した、急行『きたぐに』と寝台特急『日本海』を塚本駅で撮るのが目的。
天気は比較的良かったけれど、やや霞み気味なのが残念。
塚本駅は、やはり有名撮影地。
早朝からカメラを持った人が集まって来ます。
やや逆行気味の時間でしたけれどそこは辛抱。

Imgp073912

Imgp075112

大阪に到着した『きたぐに』『日本海』は宮原へと回送で通過していきました。
思いっきり速く通過しないので落ち着いて狙う事が出来ました。

Imgp074512

また、宝塚線の113系のカフェオレ色も収める事が出来ました。
明るい時間にあまり走っているのを見られないので、ついでとはいえ儲けモノです。

Imgp072512

ちなみにこちらは前日の5月3日に草津駅で撮った湘南カラーの113系。
利用するならカフェオレ色の113系が良いけれど、見る分には湘南カラーの方が面白いと自分的には思うのですが。

Imgp075412

そして寝台特急『日本海』の後には、寝台急行『銀河』です。
残念ながら「虹釜」ではなく、普通にEF65でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.05.04

『ふるさと雷鳥』を撮影して来ました

GW後半の5月3日は『ふるさと雷鳥』の運転日。
始発に乗って出かける事に。
茨木駅で回送の通過を待ちうける事に。
早朝の所為か他の場所に集中しているのか、カメラを持った人の姿は皆無。
『ふるさと雷鳥』はここで待避線に一旦入り、後続の急行『きたぐに』をやり過ごす。
上りホーム端から編成全体をカメラに収めたかったけれど、内側電車線と被る可能性が高いので下りホーム端で狙う事に。
到着する頃になってカメラを持った人がひとり現れた他は、結局誰も来ませんでした。

Imgp066312

Imgp066412

定刻通りに『ふるさと雷鳥』のボンネットが姿を現し、ゆっくりと待避線へとすべり込んできました。
停車中の姿を先頭から狙おうと、ホームを先頭車の方へと移動。
が、先頭車の位置がホーム先端と並んで止まっています(涙)。
去年はもっと手前に止まっていたのに!!!
仕方がないので出発までまって、後姿を撮る事にしました。

Imgp066612

待っている間に急行『きたぐに』が通過していきます。
その通過をまって『ふるさと雷鳥』の出発です。

Imgp066912

ヘッドマークが「臨時」なのが何とも。

Imgp067412

321系との並びが面白く撮れました。
その後、予定通り寝台急行の通過2本を撮影。

Imgp068012

Imgp068412

寝台特急『日本海』と寝台急行『銀河』。
定刻に通過してくれましたので、他の列車に被らずに撮る事が出来ました。
『ふるさと雷鳥』が再度通過するのを、何処で待ち受けるかと考える。
山崎カーブや大阪駅、塚本駅では人が一杯だろうと考えて、とりあえず隣の摂津富田駅へ移動。
ここもカメラを持った人の姿は誰もいません。
しばらくしてカメラを持った人が来ましたが結局3名ほど。
下りホーム端は平凡ですが見晴らしが良い撮影場所です。
それに好天に恵まれたおかげで、午前中は順光で撮る事が出来る場所になりました。
『ふるさと雷鳥』通過まで2時間ほどじっくりと他の列車を撮りながら待ちます。

Imgp068712

Imgp070412

Imgp071412

Imgp070712

Imgp071312

Imgp071612

Imgp071812

京都線はバラエティに富んでいて飽きません。
そして『ふるさと雷鳥』が姿を再度現れました。

Imgp072212

直前に下りの快速が通過していきました。
あと15秒ほどズレていたら完全に被っていたかも。
ボンネット車両はめったに見る事が出来ないだけに、被らなくて運が良かったと思いながらの、『ふるさと雷鳥』撮影でした。
次のボンネット運行が気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.01

再度、朝から駅撮りです(4月30日)

今日も朝から好天の予報なので昨日に続いて駅撮りへ。
しかし、折角の連休に惰眠を貪りたいのに何の因果か困った趣味です。
昨日、思ったように撮れなかった寝台列車3本を再度狙う事にします。
茨木駅に昨日と同じ時間に着く。
いつもの上りホーム端ではなく、下りホーム側から狙う事にしました。
編成全体が入らないのは仕方がない。

Imgp062312

で、急行『きたぐに』です。
その後は、昨日被ってしまった寝台特急『日本海』が通過するのですが同じで面白くないので新大阪駅へ移動。

Imgp062612

待っている間に、先ほどの急行『きたぐに』が大阪から回送されて向日町へと去っていきます。

Imgp062812

そして寝台特急『日本海』が到着です。
さらに後続の寝台急行『銀河』を撮る為に塚本駅まで移動。
大阪駅で停車中に普通電車で追い越して待ち受けました。

Imgp063412

待っている間に特急『北近畿』が大阪駅へと走っていきます。

Imgp063312

宮原へ向かい回送中の寝台急行『銀河』です。
とてもゆっくりと走ってきたので撮るタイミングに困ってしまいました。

Imgp063912

その後は神戸側のホーム端で大阪送り込みの特急『ひだ』を撮り撤収しました。
昼からは昨日と同じく六甲道駅で特急『はまかぜ』を狙う。
下りホーム端で狙おうかと思って行ってみたら、立ち位置が通過側線路にかなり寄って危険な感じ。
即、諦めて上り側ホーム端で撮る事にしました。

Imgp064212

昨日と同じ特急『はまかぜ』3号です。
で、本日の駅撮りは終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »