« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.05

DVD『オリエント急行殺人事件』

なかなかDVD化されないと思っていたら、アマゾンのサイトで2ヶ月ばかり前にリリースされていたと知りすぐ購入。
アルバート・フィニ-、ショーン・コネリー、イングリット・バーグマン、ローレン・バコールといった豪華な俳優陣の競演が繰広げられる様は実に良い感じである。
その作品がようやくDVDリリースとあっては、見過ごす訳には行かない。
LDの時もリリースまで結構時間がかかった様に記憶しているが、この作品は本当にリリースに時間のかかる作品である。
次世代DVDが目前でのリリースとは駆け込み的な思惑も想像されるが、とりあえずのDVD化された事は喜ぶべきか。
ただ画質が先頃にCSで放送されていた方と比べると、あまり綺麗とはいえないのが残念である。
散々待たされた気分だけに、もう少し画質の良いマスターを作成して貰いたかった。
とはいえ25年前にTV放送で使用された日本語音源が吹替え音声として収録されているのは非常に嬉しい。
この手の謎解きミステリーは字幕よりも、吹替えで見るほうがダンゼン面白い。
テンポの良い謎解き部分を観るにつけ、やはり日本語吹替えだなと再確認。
所々の音源の無いであろう部分は新たに収録しなおされているので、とりあえずは最後まで日本語で通して観る事が出来る。
吹替えが25年前だけにオリジナル版のキャストが揃わないのか、欠損部分は別声優となっているのは仕方ない。
特徴あるポアロの吹替えだけに、欠損部分の復刻シーンは違和感が結構あるが個人的には許容範囲。
欠損部分だけ字幕というパターンもあったろうが、全部吹替えにしたのは日本語版製作サイドのこだわりなのだろう。
あと、映像特典でスタッフのインタビューが収録されているがネタバレもあるので、未見の人は注意がいるかも。

オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション

オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.04

北米版DVD『天空のエスカフローネ:コンプリートコレクション』

北米版で先頃リリースされた廉価版のDVD-BOX『天空のエスカフローネ』。
以前出た国内版DVDは価格が高いので見送っていたが、たまたま廉価版のBOXが出たと知り購入。
価格が国内版より安いとはいえ単品売りの北米版DVDを集める事を考えると、半分以下50ドル程の価格でリリースはありがたい。
4枚収納の分厚いトールケース2つを厚紙のスリーブでまとめた、如何にも廉価版的な簡易仕様のコンポーネント。
ソフトシェルケースに比べると扱いやすいが、4枚収納のケースは少しばかりゴツイ感じ。
全26話をDVD8枚に収録してあり、映像特典はインタビュー、ミュージッククリップなど。
ノンテロップのオープニングはミュージッククリップに収められているが、ノンテロップのエンディングは収録されていない。
またLD版に収められていた、ディレクターズエディションの長尺版の1話から4話までは未収録だった。
画質に関しては残念ながら、あまり綺麗ではない。
普通に見る分には許容範囲内のだが、収録レートが些か低いようだ。
仕舞い込んでいるLDとじっくり見比べていないが、画質に関してはLDの方に軍配が上がりそうである。
まあ廉価版DVDを割り切って、気軽に見る分には不満は無いのだが。
それにしても久方ぶりに観る『エスカフローネ』は実に良い感じなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »