« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.31

DVD『ザ・ホワイトハウス』〈1stシーズン〉コレクターズ・ボックス

NHKでの放送はセカンドシーズンから見た『ザ・ホワイトハウス』は結構面白かった。
そういった訳で未見のファーストシーズンがDVDリリースされたので予約して購入。
ディスク6枚に全22話収録されていているので、全部見終わるまでは結構時間が掛かりそう。
とりあえず第3話までを見てみたが、NHK放送の様に人物テロップが入らないのに少し違和感。
それでも放送と同じ日本語吹替えなので非常に見やすい。
セカンドシーズンからしか知らないので、ファーストシーズンで始めてみる登場人物もいるので新鮮な感じ。
やはり最初から見る『ザ・ホワイトハウス』は面白い。
それにしてもドラマ作りが非常に上手いと改めて感心しきりである。
画質に関しては比較的良好であるが、1枚あたり収録時間が長いので場面によっては若干気になる部分もある。
また映像特典の収録されたボーナスディスクも同梱されている。
セカンドシーズンのDVDが早く決まる事が今から楽しみである。

H17.7.29 ワーナー・ホーム・ビデオよりリリース

ザ・ホワイトハウス ― ファースト・シーズン コレクターズ ボックス
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/07/29)
売り上げランキング: 28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.25

DVD『交響詩篇エウレカセブン』第1巻

先日からDVDリリースが始まった『交響詩篇エウレカセブン』。
DVDのみの通常版とUMD+DVDの同梱版の2種類があるのだが、PSPを持っていない自分としては当然の如く通常版を選択。
まあPSPの小さな画面でアニメ作品を見るのには些か抵抗があるのも一因。
初回版にはどちらも特製収納BOXが付いているのだが、これがよくある幅広のブックケース形式のBOXとは異なり組み込む形式の収納BOX。
取り出す毎にフタを開けるので耐久性に若干の不安。
それにしても装丁デザインが結構凝っているが、表面に汚れが付き易そうなのが気になる。

DVD1巻目にされているのは第1話「ブルーマンデー」、第2話「ブルースカイ・フィッシュ」の2本。
思わせぶりなセリフが連発されるので、取っ付き難さはあるがそれもまた良い感じである。
それにしても、鼻水を垂らしながら頑張る主人公にだけは引いてしまうが。
画質に関しては良好で気になる様なノイズも無く、綺麗な映像が楽しめる。
三瓶・名塚お二人のオーディオコメンタリーが第1話にのみ収録されているが、こちらも結構楽しめる特典内容であっただけに第1話のみというのが残念。
第2話にもコメンタリーが欲しかったところである。
それにしても最近のDVD作品ではコメンタリー収録が結構増えてきた印象。
この手の音声特典は嫌いじゃないので歓迎である。

H17.7.22 バンダイビジュアルよりリリース
交響詩篇エウレカセブン 1

交響詩篇エウレカセブン 1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.22

DVD『チンプイ エリさま活動大写真』

映画公開から15年目にしてようやくのDVDになった映画『チンプイ エリさま活動大写真』。
公開された頃はLD化を心待ちにしていたが結局リリースされたという話は聞かずじまいだっただけに、DVDリリースでひと安心。
それにしても久方ぶりに見るチンプイは実に良い感じであった。
声優陣も林原めぐみ、佐々木望、堀 絢子のレギュラーに加え岡本麻弥、大塚周雄、富山 敬とゲストも実に美味しい配役である。
春日エリを演じる林原めぐみ閣下は元気な女の子をあてたら実に上手い。
ストーリーは40分ほどの小作品らしくあっさりとしているが、そこがまた『チンプイ』らしい。
ただ不満をいえばTVシリーズのエンディング曲が使われなかった点ぐらい。
こうして映画版を見てしまうと、TVシリーズをもう一度見てみたい。
早くDVD化しないかなと、密かな希望。

画質に関しては最近の作品に比べると些か見劣りするが、比較的良好で安定している。
また、画面サイズもスクィーズ収録のビスタサイズになっておりその点も及第点をつけられる。
音声はステレオ収録になっている。

あと、同時収録されているのは『映画ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ』。
『チンプイ』目的で購入したので残念ながら視聴は後回しです(汗)。

H17.7.20 ポニーキャニオンよりリリース
映画ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!/チンプイ エリさま活動大写真

映画ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!/チンプイ エリさま活動大写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.20

『Zガンダム -星を継ぐ者-』DVDリリース

今現在も近所では公開中であるので、その内に見に行かねばと思っていた矢先にDVD化の情報である。
まあ、ネットで見る限り評判は微妙なのでDVDリリース際の購入判断には映画館まで足を運ばねばならないとは思ってはいたが。
それにしても、最近の洋画並に早いリリースである。
発売は当然の如くバンダイビジュアルで、10月28日のリリース。
初回生産分は特製ケース、ピクチュアレーベルで、特典ディスクが同梱されるとの事。
価格は6300円(税込み)とアニメとしては平均的な価格だが、ジブリ作品に比べるとやや高いのはいた仕方ない。
出来れば頑張って5000円以下に抑えて貰いたかったと思うのだが。
この調子で3作作られてDVD化されるのだろう。
全3作まとめてBOX化される可能性を考えているのは私だけではないはず(笑)。

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
バンダイビジュアル (2005/10/28)
売り上げランキング: 6

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.18

DVD『まほらば~Heartful days~』第3巻(限定版)

限定版と通常版の2種類のリリースではあるが、全巻収納出来るBOXが付いているとあっては第3巻は限定版を選んでしまった。
それに通常版であれば更に半月ばかり待つ必要もあったので、個人的には選択の余地の無いリリースである。
同価格で初回版に収納BOXが付いている作品もあるので、価格的に通常版との600円差は非常に微妙ではある。
まあ、個人的には9本もあるシリーズをまとめて収納出来るBOXが付いて来るだけでも有り難いのだが。

DVD本編の方だが収録されているのは第7話「かくれんぼ」から第9話「これくと!」まで3本。
相変らずのノンビリとした雰囲気は非常に良い感じである。
第9話では「白鳥隆子」嬢と蒼葉梢ちゃんの別人格「緑川千百合」の登場と結構賑やかなお話。
個人的には「白鳥隆子」ネタでもっと遊んで貰いたかったが、意外にあっさりとした展開。
まあ暴走しすぎない所が『まほらば』らしいと言える。

映像特典として収録されているのは『愛のまほらば劇場 ざ・びでお』。
新井里美 、白石涼子、浅野真澄のトークが収録されているのだが、前回同様テンションの高い主役2人に戸惑うゲストの浅野真澄さんが非常に微笑ましい。
浅野真澄さん自身、テンションの高そうな人だけに何とも。
次のDVDにも映像特典として収録してくれる事を期待したい(ゲストは順番的には堀江由衣さんでしょうか)。
あと『ワーニングアバン』2種類も映像特典として収録されている。
映像・音声に関してはこれまで同様に気になる様なノイズも無く良好。
画質に関しては発色も良くてクリアな映像が楽しめるので安心である。

H17.6.17 キングレコードよりリリース(通常版はH17.8.3予定)
まほらば~Heartful days 第3巻 (期間限定版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.17

『STAR WARS-エピソードⅢ』

わざわざ劇場に行かずともDVDになってから見れば良いのだが、シリーズ最終作だけに少し逡巡したが結局劇場で見る事にした中途半端な自分。
EP4~6までを劇場で見たのが既に20年以上前。
そう考えるとある意味で感慨深いものもある。
EP1と2はDVDで見たので、劇場でSWを見るのは本当に久しぶりである。
再編集された特別編のEP4を除けばであるが。
それにしても冒頭から派手なシーンの連続である。
CG映像が惜しげもなく投入されているのだが、何故か個人的にはやや不満。
最近のハリウッド映画でCG映像に慣れてしまった所為もあるのだろう。
また、手作り感の残っていたEP4のイメージが強烈だった所為もあるのかもしれない。

それでもシリーズの最後のピースをはめ込む作品だけに密度は濃い。
EP4に繋がる様に物語が収束していくのは、これからの展開を知る者にはたまらないだろう。
オビ=ワンを演じるユアン・マクレガーの所作が段々とアレック・ギネスのオビ=ワンと重なって見えてくるから凄い。
展開的にはややテンポ悪いと思えたが、再度見る事があれば気にならないかもしれない。
今回は字幕版で見たのだが内容が濃いので、再度劇場へ足を運ぶなら画面に集中できる吹替え版だろう。
DVD化もそれほど遠くないうちに行われるだろうが、今回は劇場で見たのは正解だったと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.10

DVD『AIR』vol.4

じっくりと見たい作品なのだが、気がつけば既に第4巻目。
ゲーム版を次のDVDがリリースされる迄に少しでも進めたいとの気持ちはあるのだが。
収録されているのは第7話「ゆめ~dream~」、第8話「なつ~summer~」の2本。
映像の出来に関しては、クオリティの高さもこれまで通りで安心して見られる。
本編の内容は徐々に確信に近づいてきているだけに重くなって来ている印象。
第7話の終わりで一旦舞台が平安時代に飛ぶのだが、それまでが結構重い展開。
それだけに平安編の少しコミカルな描写に些か戸惑ったりもする。
それでもストーリーを貫くテーマ性は薄れている訳ではないのは良い感じである。
平安編もいい所で終わってしまい、次回DVDのリリースが待たれる所ではあるのだが個人的には、それまでに何としてもゲーム版をせめて第8話の辺りまで進めたい思っている。

H17.7.6 ポニーキャニオンよりリリース
AIR 4 初回限定版

AIR 4 初回限定版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.09

DVD『英国戀物語エマ』第1巻(初回限定版)

限定版と通常版が同時にリリースされるDVDが最近徐々に増えてきたように思うが、この『エマ』も2種類の仕様でリリースである。
価格差が1000円強あるので単純に見るだけなら通常版で充分だが、ビクトリア朝の英国のドラマを少しだが深く楽しみたいのなら限定版であろう。
収納されているケースは通常版のトールケースに対して、限定版はコレクティブルアウターケース収納のデジパック仕様。
アウターケースの洋書を思わせる様な雰囲気が実に良い感じであるが、デジパック自体にも同様の雰囲気が無いのは残念。
時代背景を解説した副読本「Victorian Gazette」も当時の英国の様子を知る手がかりとしては面白く読む事が出来る。
個人的にはもう少し詳しく知りたい所だが、同梱の冊子ゆえ仕方あるまい。
ただ、薄っぺらな紙の冊子ではなく厚みのある紙質で作られている点は評価できる。

DVD本編の方だが収録されているのは、第1話「贈り物」と第2話「二つの世界」の2本。
静かな雰囲気で淡々と物語が進む様は、見ていて実に落ち着いて楽しむ事が出来る。
それにしても背景描写が実に確りと書き込まれていて感心である。
時代の雰囲気が大切な作品だけに、ウソが描かないよう制作側も注意深く作業しているのだろう。
まあ100%完璧は無いのだろうが、明確に判るミスには気をつけて貰いたい。
映像に関してはスクィーズ収録のビスタサイズで、気になる様なノイズは見受けられなかった。
画質の方だがクッキリと鮮やかな色合いではなく、落ち着いた雰囲気の色合いで時代の雰囲気を出している。
映像特典として収録されているのは、ノンテロップOPと番宣スポット。
音声特典としては、原作者・監督・時代考証の3人によるコメンタリーが収録されている。

H17.7.6 ポニーキャニオンよりリリース
英國戀物語エマ 1 初回限定版

英國戀物語エマ 1 初回限定版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.03

DVD『魔法先生ネギま』Magic-1(限定版)

TV放送終了と入れ替わりの様な感じでDVDリリースである。
DVDの1巻目は限定版と通常版の2種類があるが、店頭で見る限りでは圧倒的に限定版が多く入荷している感じである。
内容的には、魔法の国トリオ「ハッピー☆マテリアル」のCDと復刻パクティオーカード2種が付いている限定版の方が価格差を差し引いて考えても得であると思う。
他に限定版と通常版の違いはケースがデジパックかトールケース位なのだが気になる箇所もある。
限定版の方が装丁に凝る余りに、普通のDVD作品では当たり前の収録内容表記が非常にお粗末になっている。
通常版ではケースの裏面に収録4話分のあらすじ・スタッフが記されているのだが、限定版では包装セロハンに貼り付けられているシールに記されているのみ。
うっかり破り捨ててしまえば、それまでである。
限定版なのだから、もう少し気を配った装丁をして貰いたかった。

収録されているのは、第1話から第4話までの4本。
そのうち第1話と第2話はDVD用に作画等を修正したバージョンアップ版で収録されているが、これが思うほどの修正に感じられないのが残念。
オープニング映像はテロップ位置が変更されたバージョンに差し変わっているのは簡単に解るのだが、作画修正は正直よく判らなかった。
TV放送版で手元に残してある第1話をじっくり比較する気力がないのでネット上の比較サイトを見てみたが、なるほど確かに微妙な修正である。
キャラ修正や下着修正など時間と規制で叶わなかった部分の手直しが行われていて、放送版を記憶に留めていない限り素直に見る事が出来る様にはなっている。
個人的にはもっと凄いバージョンアップを期待したのだが。
商品として発売するのだから最低限の修正は、これ以降も可能な限り行って貰いたいと希望したい。
放送版の第2話が映像特典として収録されているとの情報があったが、それらしきメニューは出てこなかったのでガセネタであった様だ。
この映像に関しては最終巻に収録されるとの情報もあるが、公式サイトで公表されている映像特典はノンテロップOP・ED全バージョンのみなので怪しい情報である。
まあ、作画を修正しなければならない放送回を映像特典として収録しても仕方がないと思うのだが。
資料的に考えれば価値はあるのかもしれないが。
収録されている映像に関しては、発色も良く気になる様なノイズは見受けられなかった。

H17.6.22 キングレコードよりリリース
魔法先生ネギま ! 麻帆良学園中等部2-A Magic 1 (初回限定版)

魔法先生ネギま ! 麻帆良学園中等部2-A Magic 1 (初回限定版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »