« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.27

『きんぎょ注意報』DVD-BOX

1991年1月から翌年2月まで放送された『きんぎょ注意報』全54話がDVD-BOXでようやくリリース。
LDでは結局発売されなかっただけに実に待たされたと言った感じ。
その甲斐あってか久方に見る『きんぎょ注意報』はとても良い感じに楽しめた。
個人的にも高校時分の友人が作監として参加しているだけに、特に彼の担当回は要チェックしてしまう。
全54話なので全てを見終えるのには結構時間がかかりそう。
DVD再生時の注意テロップにあわせて、わぴこ役のかないみかさんのナレーションも新録されていた。
映像特典として収録されている「劇場版」は未見なので、こちらも楽しみ。
そして主題歌等のボーカル曲を収録したCDや、設定画等の記載された80Pのブックレットが同梱されており正に至れり尽せりの感があるBOXである。
またキャラデザの入好さとる氏書下ろしのイラストも実に良い雰囲気である。

ただ残念な事にマスター素材が経年劣化で状態が良くない所為か、画質に関しては良くない。
発色に関してはそれ程ではないが、粒状感が結構気になる箇所もある。
しかし「劇場版」の画質はTV本編に比べると良好で、平均的なレベルであると感じた。
まあ最近のDVD画質に比べる訳にもいかないが。
とは言っても、このDVD-BOXは不満な点を差し引いても十分にお釣りが来る程の内容なので個人的には非常に満足している。

H17.3.25 フロンティアワークス、ジェネオンエンタテインメントよりリリース
きんぎょ注意報 ! DVD-BOX

きんぎょ注意報 ! DVD-BOX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.26

『巨神ゴーグ』DVD-BOX

安彦良和氏が原作・監督・キャラデザ・作監と何役も努めたTVシリーズ作品がようやくDVD-BOXとしてリリース。
個人的には非常に好きな作品なので何の迷いも無く早速購入。
安彦氏による書下ろしのBOXイラストがとても良い感じである。
デジパック仕様になっているDVDケースだが、これが8枚続きなので広げると非常に長い。
コンパクトに収まっているとはいえ、やや扱いづらい気もする。
4枚収納を2個に分ける等しても良かったのではと思うのだが。
同梱されているブックレットは設定画中心で解説等は収録されていない。
映像に関してだが、最近のアニメDVD作品を見慣れた目にはいささか辛い画質である。
全体的に発色が良くなく、くすんだ様な色になっている。
また、ザラザラとした粒状感が結構気になる。
マスターの素材が経年劣化した為であろうが、クリアな画質を期待していただけに残念であった。
その一方で、映像特典として収録されているノンテロップOPとEDの画質は非常にクリアである。
本編の映像と比べると、まるで天と地ほどの差である。
このレベルで全話数録されていれば、素晴らしいDVD-BOXになっていただろう。
念の為にLD版と比べてみたが、やはりLDの方が発色が良い。
鮮明さに関してはLD版も決して良い方ではないが、DVD版よりは遥かに勝っている。
LDやVHSの画質が良かっただけに、DVD版は本当に画質に関しては残念である。
画質に関しては満足とは言えないが、作品の出来に関しては非常に満足である。
とりあえず第1話と第2話、最終話を視聴したが、やはり良い感じである。
ストレートな作りの作品だけに、観ていて飽きが来ない。
声優陣も田中真弓、池田秀一、キートン山田といった結構有名どころが並んでいる。
まあDVDとしてリリースしてくれたお陰で、これからは気楽にこの作品が楽しめるようになって一安心である。

H17.3.24 ビクターエンタテインメントよりリリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.20

林原めぐみ復刻版CD集の事

3月16日に発売された林原めぐみ閣下の復刻版CD11種。
一応全部持ってはいるが、初回版仕様と言う事なので『Half and,Half』を再購入。
それと、映像特典VHSが今回はDVDになったと言う事で『VINTAGE S』『VINTAGE A』も購入。
やはり一番印象が変わったのは『VINTAGE A』『VINTAGE S』の2種類。
以前に発売された時はVHS同梱だった為に結構大きかったが、今回は同じカラーのBOXに収まっているとはいえCDケースサイズなのでコンパクトな印象に変わっている。
まあ5年前よりもDVDが浸透した事での仕様変更なのだろう。
DVDに映像特典を収納してくれたお陰で、VHSテープ程は映像の劣化を心配せずにすむのが有難い。
個人的にも既にVHSデッキを使っていないので、本当に願ったり叶ったりである。
リピート生産と異なる事を示すための復刻版のロゴマークがジャケットやケースに表示されている。
こうした仕様変更の違いを気にして全部集める人もいるのだろうかと、自分の事を棚に上げて考えている(笑)。
まあ、全部をまとめたCD集を発売される事を考えれば単品売りの復刻版の発売は歓迎すべきなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.19

『げんしけん』DVD-BOX2

『げんしけん』のDVD-BOXなのだがボックスのイラストと作品タイトルは何故か『くじアン』。
勿論、知ってる人には判る筈だが帯には「これは『げんしけん』のDVDボックス2です」と一応注意書きが入っているのが何とも。
ボックス3まで揃えれば、それぞれに収録されている『くじアン』DVDをまとめて収納出来る様にとの配慮だろう。
このボックス購入動機はBOX1と同様に『くじアン』のDVD。
このボックスに収録されているのは『くじびきアンバランス』の第21話「大総集編」。
その名の通り『げんしけん』本編中で使用された映像を元に作られている文字通りの総集編。
美味しい所取りの結構ベタな展開ではあるが結構笑える構成。
それに原作中でも登場するアレックスと会長の対面シーンもしっかりと再現されて良い感じである。
本当にシリーズで通して見てみたいと思ってしまう。
で、『げんしけん』本編であるがこちらは第5話から第8話までの収録。
映像特典として収録されているのは、毎回変わるEDのノンクレジット版とOPのノンクレジット版映像。
とはいえ、『くじアン』目当てでの購入なので本編の方はまだしっかりと見ていない(汗)。
まあ、『くじアン』の為とはいえ結構な散財な気もする。

H17.2.25 メディアファクトリーよりリリース
げんしけん DVD-BOX 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.13

『ドラえもん』の新キャスト決定

『ドラえもん』で先日「45年後…」が放送されの大山ドラえもんのフィナーレが迫った中、ようやく新たなメインキャスト陣の発表である。
5人のうちでプロの声優さんは水田わさび(ドラえもん)、関智一(スネ夫)、かかずゆみ(しずか)の3人。
あとの2人、大原めぐみ(のび太)、木村昴(ジャイアン)は全くの新人さんといった感じ。
実際に4月からの放送でどんな感じのお芝居を聞かせてくれるのか非常に興味が持たれる。
これまでの『大山ドラえもん』のイメージが強烈に残っているだけに、しばらくは違和感が残るだろう。
新生『ドラえもん』がスタートするからには、これまでの財産の使い回しで放送回数を稼ぐわけにはいかないだろうから、製作スタッフは大変な事だろう(まあ、オール新作なのは当然なのだが)。
それに定期的に入っていた特番もどうなるのだろう。
新キャスト陣が馴染んできた頃に、再び「大山ドラえもん」の登場という事も無いとは思うが。
まあ、取りあえずは4月からの放送を見てみる事にしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »