« PSP向け『機動戦士ガンダム』 | トップページ | 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』DVDリリース »

2004.10.31

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第3話

放送中断でどうなる事かと危ぶまれたが、一週間遅れの放送やり直しに落ち着いた第3話。
ちょうど良い所で中断されただけに、今週の放送がとても待ち遠しく思えた。
そういった気持ちで見た事もあるが、序盤の艦対艦の追撃戦の様は非常にテンポの良い展開であった。
それにしても新造艦ミネルバだが従来のザフト艦のイメージとは大分変わっている。
やはりオーブの技術が戦後大幅に取り入れられた所為もあるのだろう。
主砲砲撃シーンでのビームではなく実弾を打ち込む様な感じの描写が面白い。
しかしながら、何といっても今回のメインはやはりデュランダル議長閣下でしょう。
池田秀一氏の好演もあって、老獪さと狡猾さを言葉の端々ににじませる台詞が何とも。
自分からは決めない様に振舞いながら、結局は自分の思った通りに人を動かすような政治家です。
これからの彼の動向が気になる所である。
そして敵を追いかける展開と次週に続くのだが、今までのガンダム作品では追いかけられる側のパターンがデフォルトだっただけに若干の違和感が。
まあ『ガンダム0083』でも同じ様に奪取されたMSを巡っての追撃戦があるが。
追い詰められる側が、敵を打ち負かす所のカタルシスが無いのは残念かもしれないが、以降で立場が逆転するやもしれないので、今後の展開に期待したい。

|

« PSP向け『機動戦士ガンダム』 | トップページ | 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』DVDリリース »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5128/1815449

この記事へのトラックバック一覧です: 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第3話:

» PHASE-3 予兆の砲火 完全版 [ガンダムSEED WatchBlog]
今週あらためて放送となったガンダムSEED DESTINYの第3話・予兆の砲火。 とりあえずウチの地域では前回に記事を書いたあたりで中断したのですが、あっ... [続きを読む]

受信: 2004.11.02 20:03

« PSP向け『機動戦士ガンダム』 | トップページ | 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』DVDリリース »