« アニメDVDの初回限定版 | トップページ | アニメDVD同梱のゲームソフト »

2004.04.08

アニメDVDのケースサイズ

『マリア様がみてる』のコレクターズエディションがLPジャケットサイズで発売される告知を見て思った事。
何故、今頃にLPサイズのジャケット?と、いう事。
DVDの長所たるコンパクトな点を捨て去ってまでLPサイズで発売を行う事に、発売側の誰かが作品に対してかなり思い入れがある様に感じた。
原作イラストの書き下ろしをフルカラーで大きく収録する為にわざわざLPサイズを選んだように思えた。
学生時分の友人にジャケットサイズは大きい方が良いと言い切る人物がいて、その影響で最後までアニメ作品の購入にLDを選んでいた自分としては、いまだにジャケットサイズは大きい方が好みである。
ジャケットイラストが綺麗な作品ならである。
『カードキャプターさくら』もDVDとLDが平行して発売された時も、ジャケットサイズの大きさでLDを選んだ。
LD時代の終焉に差し掛かりつつあったが、ジャケットイラストの綺麗さに負けてしまったと思う。
きっと『マリア様がみてる』のコレクターズエディションもイラスト目的で購入する人が必ずいるのだろう。

一方でスーパージェルケースのDVDで不満な事。
『R.O.D』(TVシリーズ)、『ラスト・エグザイル』のケースの背面。
説明文・本編写真が小さい。
まるで保険会社の契約書のごとき小ささ、細かさである。
スーパージェルケースには解説書のページ数制限あるのか、印刷できる空きスペースに思いっきり詰め込んだ様な印象すら受ける程である。
『マリみて』のLPサイズジャケット内容と対照的なケース仕様である。
作品に対する製作サイドの思い入れがケースサイズや印刷内容に現れるといった事になるのだろう。

|

« アニメDVDの初回限定版 | トップページ | アニメDVD同梱のゲームソフト »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5128/410474

この記事へのトラックバック一覧です: アニメDVDのケースサイズ:

« アニメDVDの初回限定版 | トップページ | アニメDVD同梱のゲームソフト »