« DVD『ジャングルはいつもハレのちグゥ FINAL』(5) | トップページ | DVD『おねがい☆ツインズ』7th shot »

2004.04.28

DVD『プラネテス』(1)

4月23日バンダイビジュアルよりリリース。
BS放送は見てないし原作も未読なので内容・展開はほとんど知らないままで見たが、結構愉しめる作品といった感想をもった。
画質・音質とも良好だが、放送未見の為オリジナルからこの状態か否かは判らないが、第2話の前半冒頭の宝くじ抽選の場面でハズレが確定した直後に4人の足元が映るシーンが一瞬ブレる様に見えた点だけが気になった。
作品内容はといえば、地味な印象の作品といったイメージでBS放送時はノーチェックだったが今思えば迂闊であった。
キャラクターデザインが千羽由利子と知っていれば最初から見ていたのに。
「ベルセルク」「To Heart」「鋼鉄天使くるみ」のキャラデザを手がけた人だけに原作モノとはいえ、彼女独特の雰囲気のキャラが良い感じである。
宇宙モノのドラマだが年代設定が2075年と手の届きそうな未来が舞台だけに、荒唐無稽な設定が出てこないのが良い。
派手なロボットが出てくるわけでも、スマートな宇宙服が出てこないドラマはある意味でリアル。
それ故に製作スタッフは結構作るのに手間を要しただろう。
特典のオーディオコメンタリーでも語られていたが、宇宙空間での移動に関しても物理的な法則に従っての描写に注意を要したとの事。
素人は一度聞いただけでは何の事やらさっぱり解らん(汗)。
改めて聞きなおして理解に努めなければ。
このオーディオコメンタリーだが第1話だけなのが不満。
第2話にもコメントが聞きたいシーンがあっただけに尚更であった。
オーディオコメンタリーだが映画DVDなどには時々収録されているが、アニメ作品で収録されているものは珍しい。
「ナウシカ」「うる星やつら2」にも収録されているが、これは劇場作品。
TVシリーズでは「R.O.D」のDVDに収録されているぐらいしか覚えていないが、こういった音声特典はこれからも続けていって欲しいし、きっと増えていくような予感がする。
もっと聞きたい「プラネテス」のコメンタリーではあるが、次は第4巻の第10話までは未収録なのは残念。
出来ればもっと多くのコメンタリーを収録して作品に関してのスタッフの話を聞きたいと思うのだが。

|

« DVD『ジャングルはいつもハレのちグゥ FINAL』(5) | トップページ | DVD『おねがい☆ツインズ』7th shot »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5128/507929

この記事へのトラックバック一覧です: DVD『プラネテス』(1):

« DVD『ジャングルはいつもハレのちグゥ FINAL』(5) | トップページ | DVD『おねがい☆ツインズ』7th shot »